童貞なんて大した問題じゃない

「童貞なんですけど……」という相談がよく届くという、barbossa店主・林伸次さん。あまりにもみんなが気にしすぎる童貞問題について、林さんが考えます。

「童貞なんですけど」という相談

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

僕、自分のnoteで質問を受けつけているのですが、「童貞なんですけど、どう思いますか」っていう感じの質問が多いんですね。これ、どういうわけか「処女なんですけど、どう思いますか」っていう質問は今まで一回もないんです。

女性って、匿名だと結構きわどい質問をしてくれる傾向があるのですが、なぜか処女に関してはタブーなのでしょうか。あるいは、「林に聞いてもなあ」って感じなのでしょうか。とにかく、「童貞ですが」っていうのが多いんです。男性は開き直ってネタにしてしまうっていうパターンも多いのかもしれません。

さて、これに関しては、常々思っていることがあります。中学の時、ある国語の先生を尊敬していて、その先生が勧める本を片っ端から読んでみたり、僕が書いた自意識過剰な文章を読んでもらったりしていたのですが、その先生がある日授業中に「下戸は人生の半分以上を損している」と言ったことがありました。その先生、とにかく酒が大好きだったみたいで、酒と文学の関係を語って、そして生徒たちに「酒を飲め。大人になったら酒に溺れろ」というようなことを言って、「下戸は人生の半分以上を損している」って言ったんです。

その瞬間、直感的に「それは違う」と思いました。例えば、アラブ人で、一生お酒を飲まない人ってたくさんいると思うのですが、彼らが僕たちよりも「むなしい人生」をおくっているとは思えないですよね。あるいは体質的にアルコールを受け付けない人が、僕たちよりも人生が「損している」とは思えないです。

また、こういう言葉も常々疑問でして。例えば、僕が「トマトって美味しいと感じたことないんですよね」と言ったとき、「林、それはおまえが、本当に美味しいトマトを食べたことがないからだよ。美味しいトマトは本当に美味しいよ」と言う人がいるんですね。

「世の中には、君が経験していない素晴らしいものがもっともっとたくさんあるんだよ。私はそれをたくさん経験したけど、君はまだまだ知らないだけなんだよ。それはすごく損しているよ」と言う人です。

そういう人って「海外は経験した方が良いよ」とか「結婚は一度は経験した方が良いよ」とか「子供を持つことって……」って感じで、「君は知らない世界があるんだよ。それは経験した方が良いよ」っていうのをとにかく、押しつけてくるんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

P6RiN_ いい記事だ https://t.co/7LM8R4jCr9 3ヶ月前 replyretweetfavorite

Sonoda_Maki #SmartNews わかる https://t.co/jrAmHWmAGa 3ヶ月前 replyretweetfavorite

szm__0v0 非童貞が高みから殴ってくる感じ、堪らねえな> 3ヶ月前 replyretweetfavorite

monster_shoichi 林伸次 @bar_bossa https://t.co/l3mOGWgn5A "セックスって僕たち人間にとって 「とても重要で素晴らしい行為だ」 って言われすぎている" セックスしてても つまらん… https://t.co/kj41lAVqkl 3ヶ月前 replyretweetfavorite