最終回】ありがとう!ブスに生まれて本当によかった!

本を出して1年半、田村麻美に何が起こったか。
そして、結局、美人とブスはどっちが得なのか。
完全書き下ろし&感動の最終回を、お楽しみください。

北千住のブスから、全国区のブスへ

いよいよ最終回である。

この連載は、2018年12月に出した著書『ブスのマーケティング戦略』の原稿を、cakesに合わせて編集したものであったのだが、最終回の今日は、いま現在の思いをダイレクトに綴ってみたい。

本を出して1年半、世界は大きく変わった。

雑誌や新聞の取材、講演依頼が相次ぎ、芸能人様と対談したり、テレビに出たり。
憧れの田嶋陽子先生と「そこまで言って委員会」で共演させていただくという、奇跡のようなことまで起こってしまった。

足立区・北千住のブス税理士が、他人様の面前に出ることが増えたわけだ。

自分自身の環境の変化で、承認欲求が満たされたのは言うまでもないが、読者の方からさまざまな反響が届いたことで、「がんばるブスたちが輝く未来をつくりたい!」というライフワークに、より深みが出た気がしている。

日経ウーマンエキスポに登壇。
「ワーママがみずからの価値を高めるために」というきわめて意識の高い講演をしてしまった。
胃が痛かった……


相変わらずおもしろいことは言わない夫だが、私と娘のことが、大好きらしい。


結局、美人とブス、どっちが得なのか

そういえば、ブスマ本フィーバーのなか、大学院を卒業した。

論文のテーマは、

「女性の外見要素が企業・個人のパフォーマンスに与える影響に関する実証分析」

である。

「美人のほうが絶対、人生得している」

ずーっと思い続けていた私の「ねたみ」「ひがみ」で始まったこの研究。実際の数値として明らかにすることで私の「ねたみ」「ひがみ」をすっきり解消したかった。

先行研究で、海外の美貌格差と所得格差についての研究はあるのだが、現代の日本女性で研究してみるという意義も感じていた。

120人ほどの日本女性の顔分析と業績や立場などの関係性を分析した。

容姿の判定については、客観的測定として黄金比測定、AIアプリによる測定。主観的測定として男性によるアンケート。これら3つの美貌測定と、業績などの関係性を分析した。

結果は……

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

いますぐ行動したくなる!未来を変える実用書!

この連載について

初回を読む
ブスのマーケティング戦略

田村麻美

税理士、大学院生、一児の母、そしてブスである田村麻美さんによる、「ブスが幸せな結婚&ビジネスでの成功」をかなえるための戦略論。誕生から、受験、処女喪失、資格取得、就職(即退職)、結婚・起業するまでの物語を赤裸々に記した半生記と、結婚・...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード