こんなのは宗教だ!スピリチュアルだ!」と批判する人たち

複数の人と同時にそれぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイル「ポリアモリー」。ポリアモリーを実践する人たちに対して、「こんなのは宗教だ!スピリチュアルだ!」と批判する人もいます。きのコさんはこのような批判についてどのように考えているのでしょうか?


※きのコさんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください!HN・匿名でもかまいません。

こんにちは、きのコです。

先日「ザ・ノンフィクション」というテレビ番組で、父親1人・母親2人・子供6人のポリファミリーを取り上げた「家族のカタチ ~ふたりのお母さんがいる家~」という特集が放送されました。

ネット上では、この家族に対して「父親が母親や子供たちを洗脳しているだけだ!」「こんなのは宗教だ!スピリチュアルだ!」という批判が多く見られました。

そこで今回は、ポリアモリーとスピリチュアルの関係について、考えてみたいと思います。

ポリアモリー関連でよく知られている「タントラ」

まず、私はスピリチュアルや宗教それ自体が悪いものだとは思いません。ポリアモリーはスピリチュアルじゃない、と言いたいわけでもありません。

ポリアモリーがキリスト教の説く性愛倫理…モノガミーに対するカウンターカルチャー的な側面をもつことを考えると、ポリアモリーに宗教的要素が含まれるのは自然なことだといえます。

ポリアモリーに関わりのあるスピリチュアルな営みとしては、タントラがよく知られています。

深海菊絵『ポリアモリー 複数の愛を生きる』によれば、タントラとは、人が自分でエネルギーをつくり出す方法を教えるものであり、「己に目覚めるための現実的な方法」です。もちろんポリアモリー当事者全員がタントラをたしなむわけではありませんが、多くのポリアモリー関連書籍がタントラに言及しています。たとえば「前向きにポリアモリーを実践するための10のステップ」を作成したBarbara Carrellasは、『アーバン・タントラ』という本の著者でもあります。

ポリアモリーにおけるタントラ(およびタントラを身につけるためのヨガ)の意義は、『ポリアモリー 複数の愛を生きる』の中で次のように説明されています。

タントラの特徴の一つは、「頭で理解するのではなく、実行せよ」というように実践に重きを置く点である。タントラでは理性に基づいた倫理的な思考には限界があり、自分の身体をつかって得られる理解の仕方があると考える。そこで実践するのがヨガである。すなわち、タントラでは瞑想によって本源的な自己の探求を目指す。ポリアモリストのなかに、嫉妬が生じたときにヨガを実践する人びとがいるのはこのためである。自分の身体を使って、「今ここ」で起こっていることを感じ、理解し、受け入れるための実践。タントラではそういったヨガ実践こそが、客観的にものごとを見極めていく方法につながると考える。いくつかのマニュアル本では、カップルや複数でヨガを行うことが奨励されている。実際、ポリアモリーのタントラ・ワークショップには、パートナー同伴で参加している人びとが多い。

タントラにおいて「自己への執着」は「他者への執着」でもある。なぜなら、「他者への執着」──あの人を所有したい、自分だけの存在であってほしいという欲望──は自分を中心として世界を見るときに生じるからだ。

こうして見ると、理屈だけではなく実践を大切にすること、そのなかで「今ここ」の自分の感覚を受け止め、他者に対する執着や所有欲を手放すことなど、タントラが目指すものはポリアモリーにおいても重要なことだと思われます。

このように、ポリアモリーにおいては、スピリチュアルな要素も大切にされていることが分かります。ただし、ポリアモリーそれ自体がスピリチュアルな思想であるというよりは、「より良いポリアモリー関係を目指すうえでは、タントラのようなスピリチュアルな手段も有効」という位置づけのようです。

そもそも自分たちは”洗脳”されていないと言えるのか
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし、恋人が2人います。

きのコ

「ポリアモリー」という言葉をご存じでしょうか? ポリアモリー(複数愛)とは、複数の人と同時に、それぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイルのことをいいます。浮気でも不倫でも二股でもない「誠実で正直な複数恋愛」とはどのようなものなの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pharuki たしかに「宗教じみてる」という思いは立場と見方によって変わるよな。 4ヶ月前 replyretweetfavorite