自分のこと」の範囲を見直したら、やりたいことが見えてきた

ようやく未来のことが考えられるようになった、というサクちゃん。その変化の理由とは? やりたいことがなくても、無理も背伸びもせず、笑って暮らすためにサクちゃんが考え続けてきたことを、新刊『世界は夢組と叶え組でできている』よりお届けします。

なんでもくり返す

誰かの悩みやグチを聞いたとき、わたしはよく「そういう時期なんじゃない?」と言う。
だいたい問題を抱えているときは、その一点にグッと意識をもっていかれてしまい、視野が狭く深く偏ってしまうので、その沼から足を抜いて、すこし引いて見る視点が必要だと思うからだ。

今のことしか考えられなくなっている時間軸を、過去と未来に延ばしてみると、過去にあった問題が同じ問題のままあり続けることはほぼなくて、どうにかこうにか動いて変化しているし、すごく苦しかったことも、あとから見れば「あのときはそういう時期だったんだな」と思える。同様に今はトンネルの中でも、いつか抜けるものだと思えると、深く掘る方法ではなく、抜ける方法について考えられるようになる。

いろいろな悩みすべてに共感することはできない。わたしが誰かと共有できる景色は、「なんでも波のようにくり返す」というものくらいだ。

雑な言い方をすると、「時期」によって、アドバイスは「動け」か「休め」のどちらかになる。波が止まってしまったときは、次の波が起こるようにあがいたり歩き出したり動くしかないし、ムリして動きすぎたら、行き先や周囲の人を見失ったり、行き止まりでも止まり方がわからなくてぶつかってしまうので、無理やりにでも休んだほうがいい。
波は行ったり来たりをくり返しながら大きくなっていくので、止まっているように感じても、長い目で見て「今はそういう時期なんだな」と焦らないことも大事だと思う。動くための勇気と同じように、休んだり止まったりするにも勇気が必要なのだ。

そうして一点から引いて時間軸を延ばして見てみると、1年、2年、5年、10年と長くなればなるほど、大きい波の中に小さい波がいくつもあることに気がつく。「動く」と「休む」のように、くり返す波は他にも大小様々ある。たとえば、

・自分のやりたいことをやるときと、人のためにやるとき
・やる気があるときと、やる気がないとき
・過去を振り返るときと、未来を見るとき
・人に会いたいときと、ひとりでいたいとき
・コンテンツを浴びたいとき(インプット)と、創作したいとき(アウトプット)
・力を入れるときと、力を抜くとき
・都会がちょうどいいときと、自然を求めるとき
・スピードを出したいときと、ゆっくりしたいとき
・全部が楽しいときと、全部が怖いとき
・自分の内側に潜りこむときと、外側から俯瞰で見るとき
・自信があるときと、自信がもてないとき

そして
・良いことと、悪いこと

つい悪いことばかり覚えている傾向があるけど、良いことだけでも悪いことだけでもなく、小さいのも大きいのも両方が混ざり合ってくり返しているし、時間が経ってから見ると、出来事の意味が変わったりもする。
今起こっていることが悪いことだと思っても、もっと細かく見てみると、悪いことの中にも小さな良いことがある。もっと広い目で見てみると、悪いことも大きな良いことの中にある。わたしは、うまくいかないときにはいつも、波がすぎるまでその両方を見てやりすごす。

全部、なんでもくり返すんだと思うと、今までどうにかこうにか生き延びてきたことはすべて自信になるし、無茶をするでも諦めるでもなく、身を委ねるという選択ができる。

これからも今までの波の続きだから、大丈夫、大丈夫、と言い聞かせながら、今日もわたしたちはみんな波の途中にいる。

どこまでを「自分」とするか

さてこれからどうしようか、と未来について考えるのがずっと苦手だったけど、最近はようやく未来について考えられるようになってきた。「叶え組」一色だった自分の中に「夢組」がすこしだけ顔を出したのかもしれない。

今までと何がちがうかというと、未来のことを考えるときの「自分のこと」の範囲や見方が変わってきたように思う。
「自分のこと」の範囲というのは、自分の内側に向けたカメラで「自分をどう見るか」と、外側を映すカメラで「世界をどう見るか」の、両方で見えるものを足した範囲のことだ。

「自分をどう見るか」というとき、自分の中にある感情や考えなど、内側にあるものが自分のいちばん近くに見える。カメラを内側に向けたまますこし離すと、経験や技術などがあり、もうすこし離すと、他人からの評価や社会での役割から自分を見ることができる。自分へのズームイン/アウトの調整ができるカメラだ。

「世界をどう見るか」というとき、外側に向けたカメラで見て、ある人は世界を変えたいと思っていたり、ある人は業界を見据えていたり、またある人は明日の献立を考えていたりする。見えているものは人によってほんとうにちがうし、どこに絞ってどう見るかは自由だ。世界を見る範囲と解像度の調整ができるカメラだ。

過去のわたしは、「自分のこと」を考えるとき、自分の内側ばかりに目が向いていて、世の中のことをよく知ろうとしなかった。どんな仕事があるのかよく知らなかったし、興味をもったことについてもっと知りたいと勉強することもあまりなかった。自分の内を掘る深さの視点はあっても、外を見る視点がとても狭く、内と外の見える範囲が偏っていてとてもバランスが悪かった。

外を見る範囲が狭かったのは、「やりたいことがない」や「好きなものがない」のと大きく関係している。ちゃんと見ようとしないのは「自分とは関係ない」と思っていたからだし、自分が何が好きでどうしたいのかを知らないと、世界を見る解像度が粗く、ぼんやりとしか見えない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載はこちらの書籍よりお届けしております。

この連載について

初回を読む
世界は夢組と叶え組でできている

桜林直子

やりたいことがない人は、どうすればいいの? そもそもやりたいことって、なに? 「やりたいことをやろう」「夢を持とう」と、やりたいことのある人=「夢組」に向けたメッセージがあふれるなか、やりたいことのない人=「叶え組」に寄り添う“考え方...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kawac "自分が何が好きでどうしたいのかを知らないと、世界を見る解像度が粗く、ぼんやりとしか見えない。" - 5ヶ月前 replyretweetfavorite

rurika109 「なんでも波のようにくり返す」って思うと、良いときも悪いときも、できる限り受け止めて身を委ねていこう〜って思えるなあ。サクちゃんの思考は歩みを軽やかにしてくれる🐕 桜林直子 @sac_ring | 5ヶ月前 replyretweetfavorite