テレビでよく見る」=「頑張ってる」なのか

タレントのつるの剛士がTwitterで「安倍首相にお疲れ様、ご苦労様を言いませんか?」呼び掛けたことが大きな話題となっています。また、新型コロナ対応で連日メディアに登場する大阪の吉村洋文知事も、「頑張ってる」と評価を上げています。しかし「頑張ってる」が政治家の評価の指標になっていいのでしょうか? 政治家の「頑張ってる」について、武田砂鉄さんが考察します。

とにかく「忙しい」と思われたい

週に1、2回ラジオ番組に出ているので、そのことを知っている人からは「このコロナ禍なのに大変だね。忙しいでしょう」と言われる。2時間の番組と15分ほどのコーナー出演だから、1週間のうち、たった数時間程度出演しているにすぎない。それでも、不特定多数が聴く場に出ていると、「大変だ」「忙しい」と思われる。無論、あらかじめ準備したり、終わった後に翌週の打ち合わせをしたりするのだから、それなりに時間をかけているが、日頃の原稿書きのほうが圧倒的に時間がかかる。SNSで今日の仕事っぷりを投稿したりはしないので、具体的に見える動きが「ラジオに出ている」のみとなり、その様子を想像するのだろう。

世の中には、とにかく「忙しい」と思われたい人が一定数いて、度が過ぎると、忙しいと思われるために「忙しい」を連呼している状態に陥っているようにさえ見える。「忙しい?」と聞くと、目を輝かせて「いやー、忙しい!」と返してくるので、つい、彼の目を輝かせるために「忙しい?」と聞いてしまう。誰かが忙しくても、忙しくなくても、それを本人が率先して導いた状態である限りは、こちらから付け加えることなんて何もない。ただし、「忙しい」状態ではなく、「これだけ忙しそうにしているのだから頑張っていると思われたい」状態になると、その状態はアナタだけで完成するものではなく、コチラも関与させられかねないので、分析したくなる。

目立つと評価される事実
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

masafumi_yoshi 「『テレビでよく見る』=『頑張ってる』なのか|武田砂鉄」 https://t.co/2HguaKeEV9 3ヶ月前 replyretweetfavorite

ykchiki |武田砂鉄 @takedasatetsu |ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜 なんかやだな…の正体が分かった気がした。違和感というか、、危険な感じがしてしまう。 https://t.co/mfKMGbpKCr 4ヶ月前 replyretweetfavorite

Shingo_tna 「これだけ忙しそうにしているのだから頑張っていると思われたい」っていう人は、 「多忙」で自尊心を満たすタイプで、 仕事を「質」ではなく「量」でとらえているマルチタスカー。 @takedasatetsu https://t.co/A4NBuJJw4y 4ヶ月前 replyretweetfavorite

ShuInagaki 新型コロナ対応で連日メディアに登場する大阪の吉村洋文知事も、「頑張ってる」と評価を上げています。しかし「頑張ってる」が政治家の評価の指標になっていいのでしょうか?https://t.co/KJzjP5EuuX 4ヶ月前 replyretweetfavorite