下北沢の呼吸と一体化したパン屋です【第1回】

サブカル、古着、演劇の街、下北沢。街も人もあっという間に移り変わる変化の多い街でもあります。そんな街の一角に、住む人の暮らしに寄りそい、どこか安心できる“街のパン屋さん”がありました。4回シリーズの第1回です。

「一番街のパン屋さん」と呼んでください

「“一番街のパン屋さん”と呼ばれるのが、なんとなく嬉しい」そう話すのは、『ベーカリー&カフェ ミクすチャー』のオーナー・中井慈さん。大学時代からカフェに憧れ、サラリーマンを経て、2005年12月、下北沢・一番商店街のパン屋「大英堂」の跡地にお店をオープンしました。

ここで確認しておきたいのは、「ミクスチャー」はあくまでも“ベーカリーを備えたカフェ”であること。なのですが、地元ではすっかりパン屋さんとして浸透しちゃっています。お店の正式名称である「ミクスチャー」と言っても通じないことすらあるそうで、お昼休みにパンを販売している近所の成徳高校や、地元の店舗に電話をかけるときなどは、中井さん自ら「下北沢一番街のパン屋の、カフェミクスチャーですが...」と切り出すほど。

「もちろん名前を覚えてもらえれば嬉しいけれど、そんなに固執はしてません。なかには、商店街の角にあるパン屋だから“カドパン”って呼ぶお客さんもいらっしゃるんですが、なんだか地元っぽくて素敵ですよね」

ニコニコ微笑みながらそう語る中井さん。ミクスチャーに流れるやわらかい空気は、きっとこの笑顔のおかげに違いありません。お店をオープンして約8年が経つ今でも、「地元の人に愛してもらえるお店でありたい」という思いを一番大切にしているのだそうです。

右から、コーヒー食パン、とよんちのたまごパン、一番街コロッケパン

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケトル

この連載について

小さいけれどスゴい店が大好き!

ケトル

とにかく、小さいけれどスゴいんです! 気取らず、カッコつけず、自分の好きなモノを、自分の目の届くところで丁寧に売る。敷居は低く、専門性は抜群に高い、今すぐは行けなくてもいつか訪れる日を楽しみに待ちたい。ケトルの「小さな店特集」です。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード