捨て本

フットワーク軽く動くG人材と、絆を重んじるL人材に分けられていく

ホリエモンがこれまで、何を捨て、その先に残った、本当に大切なモノとは?自身の半生を振り返った経験を元に指南する、“持たない頼らない執着しない”新時代の「捨てる」生き方入門。堀江貴文の新著『捨て本』をcakesで特別連載!

<副業>

いたずらに振り回されると心身ともに磨り減る。
働き方改革によって、サラリーマンの副業推進が加速している。会社に所属している最大の利点は、巨額の資金と人員が必要なビッグプロジェクトなどに取り組める点だったが、ツールの進化により、個人の副業レベルでも、スケール感のあるプロジェクトを展開できるようになっている。そのような変化のなかで、積極的に副業に取り組もうとしているのは、悪いことではない……のだが、気になるのは「副業しないとヤバい!」と、焦ってる人が多いこと。それで本業に支障が出たり、アルバイトみたいになって心身とも疲弊してしまっては本末転倒。副業も本業も、基本は同じで「何をやりたいのか?」という自分への深い問いかけを怠らないことだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

捨て本

堀江貴文
徳間書店
2019-07-30

この連載について

初回を読む
捨て本

堀江貴文

良くも悪くも、あなたの持ち物は重くなってはいないか。 大切にしていた「はず」のモノで、逆に心が押しつぶされそうになってはいないか。 だから、ビジネスも人生も「捨てる」ことからはじめよう。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません