子育て世代の大問題#5】悲鳴を上げる女性の体

夫に頼れない「ワンオペ育児」と仕事の両方を無理に回そうとすると、知らぬ間に女性の体が悲鳴を上げるケースは多い。

 夫に頼れない「ワンオペ育児」と仕事の両方を無理に回そうとすると、知らぬ間に女性の体が悲鳴を上げるケースは多い。

 メーカー勤務の大島幸さん(仮名・20代)は1歳と3歳の2人の男の子を育てる。第2子は妊娠時、早産一歩手前の切迫早産と診断され、幸さんは医師に1週間の自宅安静を言い渡された。原因は子の送迎と電車通勤の負担だった。

 早朝に出掛ける夫には頼れず、妊娠中も長男の保育園送迎は自分の役目。最寄りの園に入園できず、片道20分かけて送迎。妊娠中は時短勤務にしたが、限られた時間で業務を終わらせるプレッシャーもきつく、体が悲鳴を上げたのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません