子育て世代の大問題#4】不妊治療と仕事の両立、進まない職場の理解

働きながら不妊治療をしたいと願う女性を離職に追い込むものは何なのか?

働きながら不妊治療をしたいと願う女性を離職に追い込むものは何なのか?

 最新の国立社会保障・人口問題研究所の出生動向基本調査によると、妻が20~49歳で子どものいない夫婦のうち、28・2%が不妊の検査や治療を受けたことがあるという。

 これほど多くの夫婦が「妊活」に取り組む中、厚生労働省が17年実施した調査では、不妊治療中や治療を経験した女性の23%が仕事と両立できず退職していた。

ピンポイントで急な通院も必要

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません