自家製ルーで作るワンランク上のカレーうどん

今回のテーマは、「カレーうどん」です。さらりとした口どけのよいとろみに、お店で食べるような風味とコクがプラスされたワンランク上の味を作ってみましょう。

「茹でうどん」は手早く料理したいときの強い味方。今日はリッチなカレーうどんをつくります。ベースとなるのは小麦粉とバターを炒めたルー。そこにカレー粉とそばだし(5:1:1)と牛乳を加えて「カレーうどんのつゆ」をつくります。面倒であれば薄めためんつゆに市販のカレールーを加える方法もありますが、一から手作りすると格段にすっきりとした味に仕上がります。

カレーうどん

材料(2人前)

茹でうどん…2玉
水…450cc
鰹節…8g
昆布…4g(1片)
醤油…50cc
みりん…50cc
バター…12g(大さじ1)
小麦粉…9g(大さじ1)
カレー粉…小さじ1~
牛乳…100cc

豚バラ肉…60g
新玉ねぎ…1/2個
サラダ油…小さじ1
青ネギや茹でグリーンピースなど…好みで


1.豚バラ肉は2cm幅に切り、新玉ねぎは根元をとりのぞき、くし形に切る。そばだしをつくる。水、鰹節、昆布、醤油、みりんを鍋に入れ、中火にかける。沸いてきたら弱火に落とし、5分間煮る。火を止めて、ザルなどで濾す。

2.鍋にバターと小麦粉を入れ、中火にかける。かき混ぜながら小麦粉に火を通す。トロトロになって手応えが軽くなったらカレー粉を加えて、さらに軽く炒める。火を止め、1のそばだしを一気に加え、泡立て器などでかき混ぜてルーを溶かす。強火にかけてかき混ぜながら沸騰させとろみをつける。牛乳を加え、火を弱火に落とす。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

naoya_foodlab カレーうどんです。片栗粉よりも炒めた小麦粉のほうがおいしい。市販のかくつゆ+カレールー+牛乳でもいいのですが一度は出汁をとってみると「こんなものか」とわかりますりワンランク上のカレーうどん|樋口直哉 @naoya_foodlab |https://t.co/lIgrOekOLb 7ヶ月前 replyretweetfavorite