なぜか一万円札が自分に寄ってくる〈お金の習慣〉

家計に悩む円華は、夫にも〈お金の習慣〉についてアドバイス。家庭の様子が少しずつ変わり始める……。『マンガ版 たった1分でできて、一生が変わる! 魔法の習慣』(5/21発売)から、人生を幸せに導いてくれる小さな〈習慣〉を紹介。★前回はこちら

[魔法の習慣 その1]
「貯金専用通帳」を常に持ち歩く

お金を貯めるためにとても有効な方法があります。それは、「貯金専用通帳」を常に持ち歩くことです。

まず、「貯金専用」に新しい銀行口座を開設します。口座を開設する銀行は、生活の範囲内でなるべくATMの多い銀行にしましょう。

ポイントはキャッシュカードをつくらないこと。お金を引き出さない貯金専用口座のため、簡単にお金を引き出せるキャッシュカードは不要だからです。

通帳のみ受け取り、日常生活で常に携帯します。

そして、街などで口座を開設した銀行のATMを見つけたら、そこに立ち寄って小銭を貯金する習慣をつけましょう。

金額は少なくても問題ありません。缶コーヒーを買う予定だった120円程度でも十分です。

この貯金法のいいところは、お金が貯まっていることが目に見えて確認できることです。120円でも残高が増えていることを通帳で確認できれば、やる気がわいて自然と貯金も増えていきます。

最終的には貯金をする行為が習慣化していきます。歯をみがいたり手を洗ったりする感覚でラクラク貯金ができるようになるでしょう。

[魔法の習慣 その2]
お金は「愛情を持って」旅立たせる

「金は天下の回りもの」という言葉が示すとおり、お金を気持ちよくグルグル回せる人のところに、お金はどんどん引き寄せられていきます

逆に、お金を使うことに罪悪感を持つ人のところには、お金は集まってきません。

たとえば、自分がほしかったものを手に入れることができたのに、

「あぁ、一万円札が減ってしまった…」

と欠乏感を抱きながら、支払いをする人がいます。

しかし、それよりも

「私のところに来てくれてありがとう。旅立ちのときが来たよ。元気で行ってらっしゃい!」

愛情を持ってお金を旅立たせたほうが、金運は上がります

お金は元気にあちこちに旅をして、いつしか仲間を大勢引き連れ、帰ってきてくれるからです。

お金にご縁がある人は、このような「お金の法則」を理解しているため、「リッチな気持ち」で支払いをします。

お金を支払うときは、温かい気持ちで未練なく相手に渡しましょう。そういった習慣をつけることで、気分も実際の懐もリッチになっていくことでしょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

習慣が変われば、人生が変わる!

この連載について

初回を読む
マンガ版 たった1分でできて、一生が変わる! 魔法の習慣

佐藤伝【習慣の専門家】

〈習慣〉をちょっと変えただけで、らくらく幸せに夢をかなえた5人のハッピー・サクセス物語。幸運をもたらす「水先案内人」が、 SNSやラジオ、雑誌、電車の電子広告に突然現れ、彼らの〈習慣〉を変えるお手伝い。習慣の専門家として国内150万...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません