私はこんなに愛されてるのよ!」と主張せずにはいられない人たち

複数の人と同時にそれぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイル「ポリアモリー」。ポリアモリーとして生きるきのコさんは、これまで複数の人と恋人関係を築いてきました。その恋人に別の恋人がいる場合は、別の恋人のことを「メタモア」と言いますが、きのコさんはメタモアと仲良くできる場合もあれば、トラブルになることもあったそうです。今回は、きのコさんの過去のメタモアたちの例を参考に、嫉妬や独占欲について考えていきます。


※きのコさんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください!HN・匿名でもかまいません。

こんにちは、きのコです。

ポリアモリーについて発信していると、「独占欲はないの?」と質問されることがよくあります。

私は、自分のことを「嫉妬心はあるけど、独占欲はない」というタイプのポリアモリー当事者だと認識しているのですが、独占欲の持ち方については、ポリアモリーにもモノガミーにも、そしてノンモノガミーにも、いろいろな人がいるもの。

今回は、私の過去のメタモア(自分の恋人の恋人)達の例をもとに、独占欲とその背景について考えてみたいと思います。

理解に苦しんだDちゃんの行動

私が、「ポリアモリーのドン底を見た」と感じたのは、私のパートナーBさんのもう1人の恋人であるDちゃんとの間で、独占欲にまつわるトラブルを経験した時でした。

恋人に新しくできた彼女とのドロドロの日々」にも書いたように、Dちゃんは私とBさんがデートしている最中に何度も電話をかけてきたり、自殺未遂を繰り返したりするような、精神的に不安定な人。様々なソーシャルメディアから私に何度もメッセージを送りつけてきては「自分がどんなにBさんから愛されているか」を主張し、「私はBさんと結婚するんだから!」とマウンティングしてくるのです。

Dちゃんからの度重なる攻撃は最終的にストーキングとして警察に相談しましたが、なぜ彼女がわざわざそのような行動をとらずにはいられないのか、私は理解に苦しみました。

別れた後もBさんからは何度も連絡があり、一緒に暮らし始めたDちゃんからDVを受けていることを訴えられました。相談窓口のある男女共同参画推進センターなどを紹介したものの、私に電話していることがDちゃんに知られて以降、連絡は途絶えました。

その後Bさんが自殺未遂をしたと聞いて、今も心配しています。何かできるわけではないのですが、できれば平穏に過ごしていてほしいものです。

Dちゃんは真っ向から私を攻撃してくるタイプのメタモアでしたが、一方でJちゃんは表では友達のフリをして裏では出し抜こうとする、いわゆる”フレネミー”でした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし、恋人が2人います。

きのコ

「ポリアモリー」という言葉をご存じでしょうか? ポリアモリー(複数愛)とは、複数の人と同時に、それぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイルのことをいいます。浮気でも不倫でも二股でもない「誠実で正直な複数恋愛」とはどのようなものなの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

naka3_3dsuki 独占すること、相手にマウントを取ること自体、どこかで楽… https://t.co/UZ5uvHdejS 6ヶ月前 replyretweetfavorite

muddy_sunny 最後の方、アンダーラインを引きたくなりましたね… 6ヶ月前 replyretweetfavorite

kurimatu044 『不必要に独占欲を拗らせて他人を攻撃するのではなく、「愛… https://t.co/rMrLuVdIVQ 6ヶ月前 replyretweetfavorite

kinoko1027 ポリアモリーが”独占欲負け”した話を書きました。 #ポリアモリー 6ヶ月前 replyretweetfavorite