おらが村の「ういろう」はとても繊細だ【山口県・ういろう/生ういろう】

在宅中のみなさん、新たな「ひきこもり菓子」の開拓はいかがでしょうか? 今回のテーマ食材は山口県のういろう。ういろうって名古屋銘菓なのでは?と思われた読者の方もいらっしゃるかもしれません。しかし、山口県民(土産物屋氏)からすると「あれはういろうではありません」と鋭い切り返しが……。カレー沢さんのアンビバレントな郷土愛、そして頼りないほどに柔らかでぷるぷるの「山口ういろう」の魅力をぜひご一読くださいませ!

人から郷土愛を引き出すには「食べ物」の話をするのが一番な気がする。

引き出してどうするのか、それは相手を「面倒くさい奴にする」と同義である。 逆に言えば異郷の奴に絶対そいつの出身地名物の話を振るなということだ。

私も平素は、山口県で有名な食べ物はなんですかと聞かれたら「総理大臣」と答えるし、「行ってみたい」と言われれば「山口以外全部沈没しない限りは来なくていい」と答える、謙虚型である。

しかし「山口県と言えばフグだよね」と言われたら「あれは下関だけだから」と瞬時に訂正を入れてしまうのである。 本当にどうでも良いなら「そこら辺に生えてる」とか「山口県民はフグ毒では死なない」ぐらい適当なことを言うはずだ。

このように、どれだけ故郷に思い入れがない人間でも、他県民に地元の食べ物について語られるとイラつき、間違ったことを言われようものなら、鬼ではなくドストレートに相手の首を獲りに行ってしまったりするのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
カレー沢薫のひきこもりグルメ紀行

カレー沢薫

「ひきこもりグルメ紀行」とは、無職の漫画家・カレー沢薫氏が「部屋から一歩も出ずに全国津々浦々の食い物を手に入れ、部屋から一歩も出ずに食う」試みである!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kanoka0105 御掘堂の白が好き❤️ 6ヶ月前 replyretweetfavorite

hosiimo_k あっこないだ気になったういろうだ〜 6ヶ月前 replyretweetfavorite

BlackHandMaiden  すごいサイドから殴られた感ある<大阪人が「あれは広島焼き」と言うのも 6ヶ月前 replyretweetfavorite

kawac 豆子郎に慣れてしまうと、米粉には戻れない件... - 6ヶ月前 replyretweetfavorite