やっぱり猫が好き・・・コロナ禍の自粛生活のなかで

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。飾らず、自然体でおおらかな性格の彼女の日常を切り取ったエッセイが大好評連載中!

長い自粛生活の中で、癒しをもたらしてくれる愛猫とのホッとする日々。こんなときにこそ改めてその存在の尊さを感じるものですね。

コロナの脅威はなかなか収まってくれません。

自粛生活が長引き、家族3人で家に居るリズムも少しずつ出来てきたように思います。

息子の中学校からも宿題や教科書が送られて来たり、朝礼や授業のネット配信が始まったり、なんとなく学年が上がった感じが出て来ました。

テレビはどうしてもニュースが気になって情報番組ばかり観てしまいますが、こういう時ふと観たお笑い番組や動物の番組で爆笑している自分や家族がいるとなんかほっとした気持ちになります。

うちには今猫がいます。

飼った経緯は「育犬ノイローゼ」の回でも書かせていただきましたが、現在9ヶ月。

まだまだ子供です。

うちに来た頃のサリー。リモコンサイズ❤︎

この猫の存在が今我が家では「最大の癒し効果」を発揮しています。

「居るだけでいい」のです。

この時期「猫レンタル」が流行っているとテレビで観ましたが、やっぱりみんな「癒し」を求めているのですね。

でも1日2000円の猫レンタル、3日お借りすればもうすっかり情が移ってしまい、

「この子を私に下さい!!」

となるに違いないと私は思います。

猫にしても3日や1週間でお店に返されたら、

「あれ? おうちが決まったと思ったのににゃんで? ありえないニャ。」

となるのではないでしょうか・・・。

まぁでもきっと、飼えない事情がある人とお店の考えがあって成り立っているのですから、人の商売にとやかく口を出すのはこのくらいにしておきます。気持ちはわかるし。

我が家の猫は「サリー」と言います。

そしてここが大きなポイントなのですが、私に一番懐いています。

前に飼っていたビーグル犬は夫に一番懐いていました。

犬は「家長」を見極め、その人に従います。

私が毎日どんなに「下の世話」をしても、朝起こされてご飯をあげても、夫が帰って来るとすっと寄り添いにいっていました。

一緒に暮らした18年間のうち、後半は息子が生まれ、短毛犬は毛がよく抜けるので「私と息子・夫と犬」という形で寝室を分けていました。

猫は「一番お世話してくれる人」を見極め、その人に懐くそうです。

うちの場合、それは勿論私です。

よく子供が何か動物を飼いたいと言った時に、「どうせ面倒を見るのは私なんだから!」と、お母さんに言われますよね。

うちも御多分に漏れず、そう言っていたし、実際その通り私が一番お世話をしております。

そうすると必然的にサリーは私の事を一番自分にとって大切な人と認識し、私について歩くようになりました。

洗濯物を干していたらベランダの扉のところで待っているし、キッチンでは台に登ってくるし、トイレでも扉の前にいます。

リビングが1階にあるので大抵はそこに居ますが、私が2階に行くと階段下から「ニャー!」と鳴きます。

夫や息子がリビングに居てもです。

・・・可愛い・・・。

夜寝るときは私の足元で眠り、朝私が動いて起きたかなと思うと顔の横までやってきます。

でも私がもう少し寝たいなと思った時は、その場で一緒に二度寝してくれます。

犬のように「ゴハン!ゴハン!」「遊んで!遊んで!」「散歩!散歩!」と、起こそうとはしないのです!

(犬のそれはそれで可愛かったのですが、自分の年齢が上がってくるとなかなかしんどい日もありました)

・・・なんて可憐・・・。

朝のサリー(すっぴんでも写真が撮れるビューティーアプリに感謝)

トイレも何も躾けてなくても、うちに来た初回からきちんと「猫砂」にしてくれて1度も粗相はありません。

ビーグル犬2匹におしっこシートでトイレをすることを教え込むのに半年くらいかかった育犬ノイローゼ経験者としてはそれはもう感動モノでした。

食事の量も自分で調整し、排泄も毎日きちんと行います。

・・・天才・・・。

そんな中、2日間くらい「大」が出ない時がありました。

1日目から私は大騒ぎで、

「あれ? 今日サリー、う○ちしてへん!」と慌てます。

夫は

「まあそんな日もあるやろ。」

と相手にしてくれません。

「なんで? 今まで毎日ちゃんとしてたのに、おかしいやん!」

「まあまあ。」

2日目になると、

「いやーん!ヤバいー!!今日もしてへん!」

「そうなん?」

便秘ちゃうか? えー、なんで? いつも通りの食事やのに。」

「ご飯はちゃんと食べてんの?」

「食べてると思うけど・・・いつもより少ない気もしてきた。」

「でも元気やしなあ。」

「うん、でも調べたら猫は3日間う○ちが出なかったら、毛繕いで飲み込んだ毛とか異物の誤飲が原因で便秘の疑いがあって、ほっといたら巨大結腸症になって手術とかになるって書いてあった!」

「うーん。」

と、お腹のマッサージをしてみたり水分を多めに取らせてみたりして、

「明日、もし出なかったら病院に連れて行こう!」

という結論になりました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし役者の妻で、モデルで、母です

堀本陽子

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。最近では、バラエティ番組にも出演し、飾らず自然体で、実は、サバサバしていておおらかな性格が話題に。そんな堀本さんの日常を切り取ったエッセイが連載開始! 人気俳優の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません