​SNSに疲れていませんか?

新型コロナウイルスの感染拡大が始まってから、なんとなくSNSがギスギスしているように感じている人も少なくないようす。ちょっとSNSに疲れを感じている人は、これを読んでちょっと考えてみてはいかがでしょうか?

小学校時代の嫌な思い出

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

たまに小学校の体罰のことが話題になりますが、「あれ、まだ小学校でやってるのかなあ」と思い出すことがあります。児童みんなにアンケート用紙が配られて、「友達が何人いるか書きなさい」とか「あなたの親友の名前を書きなさい(複数可)」みたいなことを書かされたんです。

これ、ご想像通り、教室は変な空気で凍り付きます。こっちは親友って思ってるけど、あいつはどうだろう、とか、あいつはたぶん僕の名前を書くだろうから書いてあげた方が良いだろうな、とか。色んな気持ちが心の中を行ったり来たりします。アンケートが終わった後の休憩時間は、女子生徒とかは「書いてくれたよね」って感じで確認作業をしていました。泣いてる子ももちろん出てきます。

あるいはあれもまだやってるのかな、やってるだろうなっていうのが、「好きな人同士で5人グループを作りなさい」ってやつです。僕は今も昔も八方美人タイプなので、図書館でミステリーを読むのが好きな文化系タイプの男子とも、やんちゃで悪ガキタイプの男子ともつるんでいて、でもまあそういうときは女の子にモテそうなやんちゃグループに入ったりして、図書館好きのあいつをチラッと見ると、暗い子とかの地味な子のグループに入ってたりして、心の中で「ごめん」って思ったものです。

今も昔も難しい「友達」のこと。昔はこういった先生の無茶な指示がない限り、友情が可視化されることってなかったのですが、今はSNSというのが登場してしまいましたよね。「親友は誰?」とか「仲の良い友達同士集まれ」っていうのが、毎日行われているわけです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

MAETEL9992 このアカウントは4/30をもって閉鎖、削除することにしました。今は極力心乱さず、穏やかに、全てが落ち着くまでは、目の前にある生活を大切に過ごしたいという思いからです。林伸次先生のnoteの記事が背中を押してくれました。↓ https://t.co/jmD75RofVV 5ヶ月前 replyretweetfavorite

jyunna0825 SNSに疲れていませんか?|林伸次 @bar_bossa | 5ヶ月前 replyretweetfavorite

rajiohead こんなこと考えながら見てたら、それは疲れるだろうなぁ…SNSに疲れていませんか?| 5ヶ月前 replyretweetfavorite

batanif SNSに疲れていませんか?|林伸次 @bar_bossa | 5ヶ月前 replyretweetfavorite