タケノコと相性のいい意外な食材

今日のテーマは今が旬真っ盛りのタケノコ。アク抜きが面倒なイメージがありますが、意外にもたっぷりの水で茹でればよいだけだそう。タケノコと相性のいい食材、アク抜きの仕組みについて詳細に解説した決定版です。旬の香りをぜひお楽しみください。

春の味覚、タケノコ。水煮のタケノコは年中売られていますが、スーパーで生のタケノコが買えるのは今の時期だけの特権です。アク抜きが必要なので面倒と思われがちですが、実際はただ煮るだけなので一度挑戦してみてください。
今回はタケノコをベーコンと一緒に煮て、ごま油で香りをつけた料理をご紹介します。ここで学べるのは〈相性の科学〉です。

タケノコとベーコンの煮付け

材料(2人前)

タケノコ…1個(150g〜180g アク抜きしたもの)
ベーコン…100g(ブロック)
醤油…大さじ1
砂糖…大さじ1
酒…50cc
水…50cc
ごま油…小さじ1
七味唐辛子…少々

1.タケノコとベーコンは一口大に切る。鍋に入れ、醤油、砂糖、酒、水を加えて、アルミホイルなどで落し蓋をし、中火にかける。

2.沸騰したらそのまま10分間煮る。煮詰まってくると焦げる場合があるので注意(煮詰まるようであれば火が強すぎるので弱める)。煮汁が少なくなってきたらごま油を加え、火を止めて、器に盛り付ける。七味唐辛子を好みで振る。


タケノコと相性のいい食材

タケノコご飯に若竹煮(タケノコとワカメをあわせた煮物)、鰹節と一緒に煮た土佐煮など色々あるタケノコ料理。タケノコはそれ自体にうま味が多い食材ではないので「なにと組み合わせるか」で、料理のおいしさが決まります。

料理の食材の相性(おいしさ)はどのように決まるのでしょうか。もちろん、おいしさは主観的なもの。文化的な違いによる要素は大きいでしょう。相性=おいしさが主観的なので、相性のよさを科学的に証明するのは難しいのですが「共通する香り成分を持つ食材同士は相性がいいのではないか?」という仮説はあります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

樋口直哉さんの新刊が発売されました!

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kurohuchi |「おいしい」をつくる料理の新常識|樋口直哉|cakes(ケイクス) これ作った!美味しかった https://t.co/6PnRUZkxDm 4ヶ月前 replyretweetfavorite

poutine32 簡単でめちゃくちゃ美味しい。先にベーコンに焼き目をつけて、最後の七味を生ねり七味にしたら、日本酒がすすむパンチが出る。 |「おいしい」をつくる料理の新常識|樋口直哉|cakes(ケイクス) https://t.co/pea9UM0vHU 5ヶ月前 replyretweetfavorite

uminotsunami 筍とベーコンって相性がいいんですって〜 https://t.co/VoDsEgznFd 5ヶ月前 replyretweetfavorite

other_water @miyukikatori そういえば、樋口直哉さんのcakesの記事(有料)でしたが、水だけを使った筍の茹で方の解説がありました。 https://t.co/g6JIyyTQ78 5ヶ月前 replyretweetfavorite