オチのない​東京人とイジる大阪人

大阪人と東京人、その気質の違いはお酒の席では定番のネタですが、なぜこんなにも噛み合わないのでしょうか。地域の違いで起きる感覚の違いについて考えます。

笑福亭鶴瓶が苦手な妻

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

益田ミリ『大阪人の胸のうち』という本の中で「東京にいる大阪人でこうゆう人います」とあり、「こうゆうとこで、つっこんでくれな~。せっかくボケたのに。ボケたらツッコミやで。大阪ではな、ノリが大事」と、大阪人が東京人に対して大阪のルールを得意げに話しているのを、横から益田ミリが見つめ、「アンタ、別に大阪にいたとき、面白いヤツとちゃうかったやろ~」と心の中で突っ込みます。

これ、どうですか? ほんと益田ミリって鋭いですよね。確かに東京で「ボケたのにつっこんでくれな~」って言ってる人、そんなに面白くないんです。たぶん益田ミリの言うように、元々面白くない人なんでしょう。

どうしてなんだろうってずっと考えていたら、わかってきました。要するに、その場の会話のルールや雰囲気を無視して、自分のやり方で押し進めようとする感じが、空気が読めていないというか、自分勝手な感じがするのでしょう。

ところで僕は四国の徳島県出身なのですが、テレビで吉本喜劇が放送しているいわゆる関西文化圏でして、初めて東京に来たとき、やっぱり「うわ、会話のノリが違う」と思いました。ごめんなさい、やっぱり「あ、会話にオチがない」って思いました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tabikimama 両方に長く住んだ今は分かるけど、最初は私も言葉が通じるとこに留学したと思ったなぁ。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

19650830akira 言っていることは同意できるのだが、めいろま推しなのがとんでもない瑕疵。 7ヶ月前 replyretweetfavorite

10ricedar これは、今のSNS上の事も絡めての話なのだろうか??🤔 7ヶ月前 replyretweetfavorite

mmnroh https://t.co/t204ac1Bgo うわああぁあコレです、東京生まれ東京育ち家族が関西人の気持ちですうう 7ヶ月前 replyretweetfavorite