桃山商事の恋バカ日誌

セフレを飲み会に連れてくる男の謎

「失恋ホスト」として数々の恋愛相談を受けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」の3人が、さまざまな角度から恋バナ談義を繰り広げるこの連載。今回から「恋人の友達」というテーマでお届けします。セフレを飲み会に連れてくる男の謎や、恋人の友達に紹介されない問題など、友達に関わるあれこれを語っていきます。

承認機関としての恋人の友達

【登場人物】

清田隆之
桃山商事・代表
1980年生まれの文筆業

森田雄飛
桃山商事・専務
同じく1980年生まれの会社員

ワッコ
桃山商事・係長
1987年生まれの会社員

清田 桃山商事の恋バナ連載、今月は「恋人の友達」というテーマでお送りします。

ワッコ 今回もニッチなテーマですね。

森田 そこだけ取り出して考える機会はあまりないと思うんだけど、割と身近なテーマなんじゃないかなと。わかりやすいところだと、恋人の友達に紹介される/されない問題とか。

ワッコ わたし少し前に『Sex and The City(SATC)』を観なおしてたんですけど、向こうの人って恋人ができると絶対みんな友達に紹介しますよね。

森田 SATCのエピソードで言うと、主人公のキャリーにはMr.ビッグという「永遠の恋人」がいるんだけど、二人の付き合いは体の関係が先行しちゃうんだよね。それでキャリーは「これは付き合ってるの? 付き合ってないの?」とモヤモヤしてしまっていた。

ワッコ 体だけの関係という可能性も大いにありますからね。

森田 そんな状況のある日、キャリーとビッグが街を歩いていたら、ビッグの男友達とすれ違った。その友達も彼女と一緒で、当然のように彼女をビッグに紹介したんだけど、ビッグはキャリーのことを友達に紹介しなかった。

清田 あ~。

森田 その時にキャリーは「友達に紹介されないってことは、正式な関係じゃないんだ」と疑心暗鬼に陥り、すったもんだの展開になっていく……あのエピソードを観て、欧米だと恋人の友達の承認機関みたいな機能が大きいんだなと思った。

清田 向こうには告白の文化があまりなくて、友達に紹介されたら正式な関係っていう共通理解みたいなのがあると聞くね。

ワッコ 日本だと、友達に紹介するのは必修科目ではなく選択科目くらいのテンションですよね。

清田 さっきのキャリーみたいに、「これってセフレ? それとも付き合ってるの?」みたいな状況にモヤモヤすること自体は日本でも結構ありがちだとは思う。これは知人女性から聞いた話なんだけど、セックスをして、デートもよくしている男性がいて、彼女としては「告白はされてないけど、もう付き合ってるってことでいいのかな」と思っていた。

森田 セックスだけじゃなくデートもしてるんだったら、そう思うよね。

清田 ある日、彼女はその男性の地元友達の飲み会に呼ばれて参加したんだって。

ワッコ それはいよいよ正式認定な感じがします。

清田 ただ、友達には「こちら〇〇さんです」みたいな感じでヌルッと紹介されたから、彼女は違和感を持ったらしい。

ワッコ 様子がおかしい……。

清田 気になりつつもそのまま飲んでいたら、話の流れで、その彼の「カノジョ」が話題に出てきたんだって。

森田 え!? どういうこと?

清田 つまり、彼にはみんなが知っている「カノジョ」がいて、文脈からするとその「カノジョ」は自分ではないといいうことがわかってしまったのよ。

ワッコ えー!!

清田 おそらく彼としては、「告白はしてないしされてもないから、俺たち別に恋人じゃないよね」みたいに考えていたのかもしれないけど、ひどい話だよね。

森田 彼女からしたら、「友達に紹介される=オフィシャルな承認」だと思って飲み会に臨んだわけだから、気持ちを想像すると本当にキツい……。

ワッコ 期待させておいて……ひどい! 連れていかれる意味がよくわからないし。

清田 その彼がどういうつもりだったのかはわからないけど、そういう風にセフレや怪しい関係の女性を連れ回す男って意外と多い気がする。

ワッコ 普通だとセフレの存在は周囲から隠そうとする気がしますけど……。

清田 仕事の知り合いにもそういう男性がいて、彼は既婚者なんだけど、飲み会やイベントの打ち上げに謎の女性を連れてくることがしばしばあって。

ワッコ マジですか!? 周りはどう接するんですか?

清田 その女の人が彼の配偶者ではないことをみんな知ってるから、誰も何も突っ込まない。その人も特に説明しないから、周囲は変な地雷を踏まないよう気づかいながらコミュニケーションするという状況で……。

ワッコ 気まずいですね。

森田 その彼は、承認機関としてその場を狡猾に利用しているんだと思う。知り合いに会わせることで、不倫だけど限りなくオフィシャルに近い関係なんだよと、彼女に匂わせようとしているんじゃないかな。

清田 そこで何も言わない俺たちも、不倫に加担しているようでいい気分ではないのよ。

ワッコ 彼にとっての都合だけがいい状況ですよね。

森田 不倫は閉塞感があるから、風通しをよくしたいという魂胆もありそう。

ワッコ 女を好きに連れ回してるみたいな傲慢さも感じます。

清田 ちなみに草サッカーのチームメイトにも、セフレなのか何なのかよくわからない女性を連れてくるやつがいるのよ。

ワッコ 世の中ヤリチンばっかなの!?

清田 みんな友人や仕事相手としてはいい人たちなんだけどね……。

森田 セフレをコミュニティに連れてくるのって、いかにもホモソーシャルって感じの行為だよね。男友達に対する「どや!」みたいな気持ちもありそう。

清田 「わかるよね?」みたいな暗黙の了解でつながる感じだよね。周りも瞬時に空気を読んでうまくやろうとしてしまう感じはいかにもホモソっぽいなって思うわ……。

付き合ってることを内緒にしたい理由

森田 同じコミュニティ内で付き合ったときに、周りの友達に関係性をオープンにするか/しないか問題ってのもある。確か、清田代表は昔これで恋人を悲しませた経験がありますよね……。

ワッコ 何をしたんですか!?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
桃山商事の恋バカ日誌

森田雄飛(桃山商事) /清田隆之(桃山商事) /ワッコ(桃山商事)

2001年の結成以来、「失恋ホスト」として1000人以上の男女から恋のお悩みやエピソードを聞き続けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」がお届けする、新感覚の恋バナ談義。普段ほとんど語れることのない恋愛の様々なテーマを毎回ひとつ取り上げ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

LcK0812 身に覚えある人が多そうな。女は感じよくしてなきゃいけない、男友達も気を使わなきゃいけない。あれやっぱ良くないよな~ 4ヶ月前 replyretweetfavorite

ShosukeSekikawa 今回も面白い内容(笑)。そして単純な疑問。「ホモソーシャル」って言葉、「男性の間で通じる狭い仲間意識」のような使い方をされていることが多いという認識だけど、女性版で同じ言葉ってあるのかな? https://t.co/bii17LXxaO 4ヶ月前 replyretweetfavorite

mifumifu2mifu https://t.co/cdnY3i8c5e 4ヶ月前 replyretweetfavorite

mifumifu2mifu https://t.co/cdnY3i8c5e 4ヶ月前 replyretweetfavorite