感情労働の時代#5】感情労働で疲弊しないために

「感情労働が慢性疲労の一因になっている」とみるのは、神奈川県勤労者医療生活協同組合理事長の天明佳臣医師。感情労働は、多かれ少なかれ、自分の感情を押し殺し、ストレスを感じさせるもの。それが続くとイライラや不安といった感情的不健康につながりかねない。これらのネガティブな感情が、慢性疲労を招くというのだ。

感情労働で疲弊しないために

 「感情労働が慢性疲労の一因になっている」とみるのは、神奈川県勤労者医療生活協同組合理事長の天明佳臣医師。感情労働は、多かれ少なかれ、自分の感情を押し殺し、ストレスを感じさせるもの。それが続くとイライラや不安といった感情的不健康につながりかねない。これらのネガティブな感情が、慢性疲労を招くというのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません