感情労働の時代#1】つらい精神的な労働を乗り切る

仕事に応じて適切な表情を求められる感情労働。上手に感情をマネジメントし、疲弊しないための方策を考える。

仕事に応じて適切な表情を求められる感情労働。上手に感情をマネジメントし、疲弊しないための方策を考える。

つらい精神的な労働を乗り切る

 感情労働という言葉をご存じだろうか。労働はこれまで、「肉体労働」と「頭脳労働」の二つに大きく分けられてきた。しかし最近は、いずれにも当てはまらない第3の労働、「感情労働」があると考えられるようになってきた。職務として、表情や声や態度で、適正な感情を演出することが求められる仕事のことである。

 この概念は、1970年代半ばに米国で生まれ、A・R・ホックシールドという社会学者の著書『管理される心 感情が商品になるとき』によって、広く知られるようになった。83年の著作で、日本語訳は2000年に刊行されている。

心からの笑顔という感情労働が求められる

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません