フェル先生のさわやか人生相談

夫にも知人にも、手を出してもらえません【378回】

4月に入り、気候も少しずつ安定してきました。本日フェル先生がお答えするのは、40代女性からのご相談。夫とセックスレスだという彼女は、一夜を共にした知り合いからも手を出されず、自分に問題があるのかと悩んでいるそうです。まだ女性として見られたい、ときめきたいという彼女に、フェル先生が送るアドバイスは……?

※「フェル先生のさわやか人生相談」では、フェル先生に相談したい質問を募集しています。辛辣な回答も受け入れられる勇気のある方、フェル先生に叱咤激励されたい方は、専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

私に何か問題があるのでしょうか?

40代後半の既婚女性です。いつも楽しみに拝見しています。他紙になりますが、日経との違いも新鮮です。

私は結婚して5年以上になり子どもはいません。夫との関係は良いのですが、きっかけなくレスになりました。旅行の時はしていたのですが、気付いたらそれもなくなりました。交際期間も長くその事以外はかなり円満です。

そんな中、同じような既婚子なし男性(50代前半)と趣味を通じて知り合い、単身赴任中の彼の家にお泊まりをしてしまいました。ところが! すっかりその気でいたにも関わらず致さずに朝を迎えてしまったのです。翌日は趣味の集まりがあったので二人とも普通に過ごして別れました。その後はそのような機会はなく、惚れた腫れたは口に出さず礼節を保った付き合いに終始しています。

アレは一体何だったのか……。レス夫婦だと彼には言ってません。夫といい彼といい私に何か問題があるのか……。かなりモヤモヤした日々を送っています。お泊まり以外で太ももを触られたことがありますが、上手く応えられなかったのがいけなかったのでしょうか……。 相応の経験をしていると自覚していたのですが、何だかその時はポカンとしてしまいました(恥ずかしい)。

女性として見られるのは嬉しいので、もう少しときめきたいと思うのは贅沢じゃないですよね。私が勇気を持てるよう叱咤して頂けると嬉しいです。

(40代後半、女性、会社員、緑)

A.今回はアラフィフ子ナシでセックレスに悩む既婚女性からのご相談です。本稿の担当編集者が、今回の記事にどのようなタイトルを付けるか実に興味深いところですが、いずれにしても“アラフィフ子ナシでセックレス”なる状態が我が国の家庭内セックス市場の現況に於いては圧倒的多数のデファクトであり、相談者である緑さんの“正直すぎるご相談”が、同じ境遇に在る女性から反感を買ってしまうのではないかと心配でなりません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ

恋愛投資家フェルディナント・ヤマグチが、あなたの恋と仕事の悩みにお答えするQ&A連載。第1回から飛ばしています。回答を読んで、彼氏と別れたくなった方、人生の岐路で悩んでいる方、フェルディナント先生にしかられたい方、質問どしどしお待ちし...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

otakesan_writer ひぃっ… 私もこうならないように気をつけなくっちゃ(いろんな意味で) 6ヶ月前 replyretweetfavorite

_sakkin_ 地獄みたいな話だった 6ヶ月前 replyretweetfavorite

tjmlab なるほどなあ(?) 6ヶ月前 replyretweetfavorite

uhiroid 「有り体に言えば、汚いババアとはヤりたく無い訳です。男性からすれば。」直球すぎて草。 6ヶ月前 replyretweetfavorite