桃山商事の恋バカ日誌

人前でキスするのとか無理!恋愛にガンギマれない勢の悩み

「失恋ホスト」として数々の恋愛相談を受けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」の3人が、さまざまな角度から恋バナ談義を繰り広げるこの連載。先月からお届けしている「隣にいるのに遠くに感じる」というテーマの最終回となる今回は、ストレートに相手に拒絶されることで感じる遠さや、恋愛に「ガンギマれない」ワッコさんの悩みについて語り合います。

膝枕を拒否される遠さ

【登場人物】

清田隆之
桃山商事・代表
1980年生まれの文筆業

森田雄飛
桃山商事・専務
同じく1980年生まれの会社員

ワッコ
桃山商事・係長
1987年生まれの会社員


清田 桃山商事の恋バナ連載、先月から「隣にいるのに遠くに感じる」というテーマでお送りしています。

ワッコ このテーマも今回で最終回ですが、いろんな「遠い」エピソードが出てきましたよね。

森田 今日はストレートに、相手に拒絶されることで感じる遠さみたいな話を紹介していきたいなと。

清田 この連載で前にも紹介したことがあるんだけど、俺、高校生の頃に初めてお付き合いしていた彼女にディープなキッスを拒まれ続けたことがあるのよ。あの時は彼女のことをとても遠くに感じました。

森田 清田にとっては初めて付き合ったお相手だったんだよね?

清田 そうです。俺としては、だんだんキスの深さを増していきたいぞという気持ちがあったんだけど、いつになってもティースのシャッターはかたく閉じられたままでした。

ワッコ 侵入禁止は、確かにちょっと遠いかもです。

森田 そういう遠さを感じたこと、俺もある。大学生のときに彼女と家にいる時に、俺が床で寝っ転がっている横に彼女が座っていたから、何気なく太ももに頭を乗せてみたのね。

ワッコ イチャコラ案件にしか聞こえませんが……。

森田 ……俺もそのつもりだったんだけど、頭を乗せて数秒も経たないうちに、彼女はあっさりした口調で「重い」と言って、俺の頭をまるでスイカか何かのようにひょいっと持ち上げて床に置いたの。

清田 スイカ(笑)。

森田 俺はそのまま床に寝転がって天井を見つめるしかなかった。

ワッコ その拒否のされ方はきついですね……。

森田 頭をひょいっと持ち上げられたあの感覚は、なぜか今でも覚えている。彼女はその種のいちゃつきコミュニケーションを一切受け入れてくれなかったから、遠くに感じることが多かった。

ワッコ もともとベタベタするのが苦手な方だったんですかね?

森田 だと思う。ちなみに膝枕拒否事件の数日後に振られたので、おそらく彼女の方も「なんか違うな」って感じてたのではないかなと。

清田 ビターな思い出……!

拒まれ続けた改札前のキッス

森田 ただ、今にして思うのは、本来であればいちゃつくのにも同意や共通理解が必要なんだよね。イチャコラは相手の身体に触れる行為だし、そこの感覚ってやっぱり人によって違うから。

清田 確かに……またしてもキッスの話で恐縮なんですが、かつて付き合っていた彼女とデートをして駅の改札前とかでバイバイする時に、お別れのキッスを拒まれ続けたことがあるのよ。

ワッコ キスの拒絶事案が多い! 彼女もいちゃつきが苦手な方だったんですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
桃山商事の恋バカ日誌

森田雄飛(桃山商事) /清田隆之(桃山商事) /ワッコ(桃山商事)

2001年の結成以来、「失恋ホスト」として1000人以上の男女から恋のお悩みやエピソードを聞き続けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」がお届けする、新感覚の恋バナ談義。普段ほとんど語れることのない恋愛の様々なテーマを毎回ひとつ取り上げ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

boushiseijin “表情や顔で誤解されがちな人っているよね。” いろいろ共感……。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

bacsei 「恋愛にはトキメキが必須っていう思い込み」というのは声に出して言いたい。 https://t.co/ysmkypqwKL 5ヶ月前 replyretweetfavorite

granat_san 橋本治… https://t.co/vETWtpqrwL 5ヶ月前 replyretweetfavorite