日本のパン屋に入ったフランス人「なんか思ってたのと違う…」

出産予定日の1週間前、フランス人の夫の家族たち総勢6人がもうすぐ生まれる赤ちゃんに会うために我が家にやってきた!今回は、パンにまつわるお話です。義理母ベロニクの希望で、近所のパン屋さんに行くことに。店内に入ると、ベロニクたちは「なんか思ってたのと違う…」と戸惑いはじめーー。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
我が家にフランス家族がやってきた!

大場もも

フランス人男性と結婚し、今は日本で夫と2歳の娘と3人暮らしをしている大場ももさん。3年前の夏、出産予定日を1週間前に控えたももさん夫婦の家に、フランスから義父母たち総勢6人が泊まりにくることに。滞在期間は3週間。そのときのおもしろい体...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

restart20141201 他国の文化、それも世界最先端である日本の食文化に敬意を払わず、(いまの仏での武漢ウイルス禍を見ても分かる通あり)民度低めのフランス人に、なぜ日本のパン屋の批判を許すのか? https://t.co/sRBRsSJA1P 6ヶ月前 replyretweetfavorite

nakaok702 なるほどねえ 6ヶ月前 replyretweetfavorite

kenihare 日本でいうパンの大体はヴィエノワズリーって言うのかー。なるほど! 6ヶ月前 replyretweetfavorite