お揃いだと安心ですか?

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。飾らず、自然体でおおらかな性格の彼女の日常を切り取ったエッセイが大好評連載中!

今回は、おそろいがどうしても受け付けないけど、子どものためには~という堀本さん。素直な心のうちを語っています。

最近街中で似たような格好で歩いてるヤング達(言い方!)を時々見かけます。

昔から(私の時代から)「カップルのペアルック」というのはありましたが、今は断然女子同士。

全く同じだと双子コーデ、少し変えてリンクコーデなどと言うそうです。

ネットより

私がもしも友人と待ち合わせして、たまたまこんな感じで着ている服がリンクしてしまったら、間違いなく

「うわー、かぶってもうたー!恥ずかしいから私上着抜いどくわ!」とかってことになると思います。

季節的にかぶりやすいのが上着のバリエーションが少ない春。

ベージュのトレンチコートに淡い色のロングスカート(まさに上の写真!)、黒ワンピに黒革ジャン、冬だと流行りのダウンコートが全く同じだったりすることもあります。

これをわざとやるのが流行っているというのです。

そうか、ちょっと「かぶってしまった感じ」が恥ずかしいのであって、靴やバック、帽子、サングラスとかまで合わせると、「わざと感」が出て恥ずかしくなくなるのか・・・でも、なんでわざわざ?

たまたまそこまで合う訳ないから、絶対打ち合わせしてるやん、前日に。

めんどくさくないの?あ、それも楽しいのか。

個性はいらないの?あ、「2人で」何かを発信しているのか。

そしてそれを周りに見せたいんですよね?それは・・・仲がいいですよーってことを?なぜ?!

おばちゃんちょっとわかりません。

そもそもカップルのペアルックだって理解出来ないのに。

絶対嫌なんですけど・・・これがまた夫婦になると一緒に買い物に行った時に可愛い服や、履きやすそうな靴なんかをどっちかが見つけると、「それ、いいやん。私も(僕も)欲しい!」みたいなことになって意図せず同じテイストのものを買ってしまうことがあります。

そんな時私は「絶対一緒の時には着ない(履かない)ようにしよう。」と心に決めます。

基本的に同じ家から出るので全く同じじゃないにしても、「なんか合わせた感じ」になっている感が少しでもあると、

「わわわ!ヤバい!恥ずかしいから着替えてくる!」となります。一部を変えると自分がもう全着替えになってしまうくらいめんどくさい時は夫に「こっちの上着の方がええんちゃう?」などとうまく言って着替えさせます。

と、いうくらい、私は「お揃い」が気持ち悪いのです。(夫とだからということではなく)

半年前くらいでしょうか(コロナ騒動が全くなかった頃)、いつもの仲良しの後輩と新大久保にサムギョプサルを食べに行った時、ペアルックのカップルを沢山見掛けました。


サムギョプサルめっちゃ食べた!

渋谷や新宿よりもはるかに多かったです。(サムギョプサルじゃなくてペアルックが)

聞こえてくる言葉がハングル語だったので韓国のカップルは日本よりもペアルックをしがちなのかなあと思いました。

その人達を見ながら、

「うわー、無理〜。」と私がいつものように拒否反応を示すと、後輩が、

「え?ダメなんですか?私あんなんやりたいー。羨ましい〜!」と憧れの眼差しで言います。

「嘘やん!あんなんしたいタイプ?」

「可愛いじゃないですか?いいなぁ。」

「え—!マジかぁ。意外〜!そんなタイプやと思わへんかったわ。」

「めっちゃそんなタイプですよ、私。」

「男前な性格やのに?」

「それは関係ないですやん。」

「ふーん。でも私、〇〇(後輩)のそんな姿見たら爆笑してまうかも。」

「なんでですか?」

「その質問が疑問やわ。」

こんな会話をしていました。

人は見かけに寄らないですね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし役者の妻で、モデルで、母です

堀本陽子

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。最近では、バラエティ番組にも出演し、飾らず自然体で、実は、サバサバしていておおらかな性格が話題に。そんな堀本さんの日常を切り取ったエッセイが連載開始! 人気俳優の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません