友達は両思いからはじまる | 2

土門さんの「友だちについて」の日記を受けて、サクちゃんは「友だち的第一印象」について話しています。そして、サクちゃん自身の「人間関係哲学」についても。そういえば、自分はどうやって友だちを作っているんだろう(友だちになるんだろう)ということって、あまり言語化しませんもんね。オマケ情報はサクちゃんの好きな食べ物。サクちゃんが好きなのはプリンだけじゃなかった!

蘭ちゃんへ

こんにちは!

交換日記がはじまりましたね。ほんとうにはじめることができてうれしいです。

あのとき、「現実逃避先がほしい」と言っていた蘭ちゃんに「交換日記やりましょう」と言ったのは、ちょうどわたしも、仕事や生活など目の前に切実に迫るあれこれで頭の中が埋まってしまっていたからでした。それで、そこから目を離したいなと思って、現実逃避というか、狭くなった視界をひろげる深呼吸のようなイメージで、何ができるかなと考えていたのです。

深夜のファミレスでおしゃべりするように、普段は隅に追いやられてどうでもいいとされてしまったほんとうはどうでもよくない話をしたり、話をしていたらふといつかの記憶を思い出したり、思いのほか議論がもりあがってうっかり白熱したり、そんな時間をつくれたらいいなと思って、交換日記を提案しました。(実際のファミレスを断念したのは、わたしたちは京都と東京で離れているし、深夜は寝たほうがいいので)

たしかに「交換日記をしよう」って「友達になろう」と同じですよね。ふふふ。ただ、わたしの場合「この人と友達になろう」とか、高校生の蘭ちゃんのように「友達をつくろう」と意を決して行動したわけではないんですよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
サクちゃん蘭ちゃんのそもそも交換日記

土門蘭 /桜林直子

東京でクッキー屋さんをしている「桜林直子(サクちゃん)」と、京都で小説家として文章を書く「土門蘭(蘭ちゃん)」は、生活も仕事も違うふたりの女性。この連載は、そんなふたりの交換日記です。ふたりが気が合うのは、彼女たちに世界の「そもそも」...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

satoimo__mogmog "言葉をもっている人は「ひとり」を知っている人だと思います。「ひとり」を知っている人とのやりとりは、何も奪われないし、何かを与えないといけないこともないので、安心して交換ができます。" わあ…わかる気がする https://t.co/jLsJNSpdZf 6ヶ月前 replyretweetfavorite

arisa_takao すごいスキだった。間に流れるもの、雰囲気。 8ヶ月前 replyretweetfavorite

taki_tsubo なにもかも同意しかない文章でした 8ヶ月前 replyretweetfavorite