若さという「エロス資本」を失ったあと、オンナはどうするか。

『2億円と専業主婦』が話題の橘玲さん。女性の本音を書き続ける鈴木涼美さん。ふたりの異色対談は今回が最終回。鈴木涼美さんの新刊、『すべてを手に入れたってしあわせなわけじゃない』には、主婦や独身バリキャリやワーママなど、30人の女性が登場します。前回は、「選択肢が多すぎる女性は、それはそれで悩ましいけど、仕事しかない男性は、そこで失敗するともう一巻の終わり」という結論に。さて、今回は。

若さの喪失を補ってくれるものって何?

橘 イギリスの女性社会学者にキャサリン・ハキムという人がいて、『エロティック・キャピタル』という本を書いているんです。男女の外見の魅力がテーマですが、とりわけ若い女性は大きな「エロス資本」を持っていると述べていて、なるほどと思いました。経済学でいうヒューマン・キャピタル(人的資本)は基本的には学歴・資格・経験ですけど、それとは別に女性には大きなエロティック・キャピタルがある。それは思春期ぐらいから現れはじめて、20歳前後で頂点に達し、それから徐々に減っていって35歳くらいで消失する……。

鈴木 そのとおりですね。

 これは男にはないものだから、その経験がうまく理解できない。かつてのブルセラとか、いまはパパ活やギャラ飲みかもしれませんが、高校生くらいの女の子が自分のエロス資本をマネタイズしようとすると、うろたえたり怒ったりするのはそのせいですね。

鈴木 それこそ19歳くらいで稼ごうと思ったら、女の人は割と、少なくとも男性よりは簡単に稼げちゃったりもするわけです。で、ぜいたくを覚えちゃうんだけど。でも夜の仕事に就いてたことが、その後の人生のマイナスになる場合もありますからね。100万なり1000万なり稼いだのと、後で失っていたものの差額は結構、難しいところだと思うんですけど。

 でも、やる女の子はいっぱいいる。

鈴木 エロス資本を換金する女性が常にいるのは、やっぱり先に見えるお金がそんなにないと思ってるからじゃないでしょうか。かつてはその資本を最高値のところまでもったいぶって取っておいて、25歳とかで一番いい形で売り払って主婦になるっていう、典型的な使用方法がありました。『JJ』が作っていたような価値観です。逆に今の若い子には、そういう最高値まで待てば、最高の形で売り払えるとは思えないから、今、あるうちに換金しておかないと、後でなんにもならないと思って、パパ活やキャバクラのバイトに入って行きやすいのかもしれません。


すべてを手に入れたってしあわせなわけじゃない

 人的資本は学歴に比例しますから、高卒とか高校中退の女の子が風俗系に行くのはものすごく合理的な選択ですよね。将来、スーパーでレジ打ちするしかないのなら、10代や20代のときにエロス資本を使って思い切り稼いで、思い切り遊ぼうとするのは当たり前です。

鈴木 そうですね。

 エロス資本が大きいと幸福度も高いわけですよね、18歳とか19歳とか。そうなると、人生の頂点がそこに来るわけじゃないですか。20歳が人生の頂点だとしても、人生は100歳まで続くかもしれない。残り80年というは、きついですよね。

鈴木 男性の場合は違いますよね。一番お金もあって、女にモテる人生の黄金期が、40代、50代、60ぐらいまでいけるんなら、若い時は報われなくてもそこに向かって頑張って上がってくっていう人もいると思う。女性は、なんか自分の価値が緩やかに下降していっているのと向き合い続けなきゃならない。

 それは男にはわからない経験ですね。

鈴木 女子高生なり女子大生のとき、クラスの男子よりも自分たちのほうが全然、価値があるっていうふうに思えるけども、それがどんどん幻だったかのように消えていって、30、35で消え去ったみたいな。私の場合、去年36歳になったので、さしずめ無価値に近づいていますよね。若いときに得してたんだからとかって言われてもね。自分の価値が減ってくっていう感覚は、男の人は、それこそ70とかになって勃起しなくなったとか、それぐらいになんないと感じることはあまりないと思うんだけど。

 勃起不全でも、今はバイアグラみたいなのがあるし。それより男にとって問題なのは社会的・経済的な競争から脱落することで、稼げなくなると同時にモテなくなる。年を取ってもそれなりに稼げていれば、自分の価値が下がっていくっていう感覚はないですよね、男には。

鈴木 そうかもしれないですね。

 若い時が自分の頂点だという男は、アスリートだけですよね。芸能人だって、年をとってからのほうが渋いとかいわれるし。でも女性はみんな、そう思ってるわけでしょう。

鈴木 29歳の最後の日というか、30歳の誕生日の前日に、女性は持ってる価値の8割ぐらいを剝ぎ取られるような気持ちになる。でも私たちはもちろん女性でもありながら社会人でもあるから、別のところで補うっていうことはするわけです。男性と同じように経済力とか。若い子には何ひとつ、かなわないかっていうと、会社での立場とか、経済力とか学歴とかで何とか自尊心を保つしかないみたいな。子どもを産むっていうのもあるけど、若さの喪失を補ってくれるほどではない気がする。

 子どもがうまく育つかどうかは、けっきょく運ですよね。すくなくとも行動遺伝学では、家庭環境(子育て)は子どもの人格形成にほとんど影響しないという頑健な結果が出ている。賢くてかわいい子どもが生まれたらそれは幸せでしょうが、ギャンブルみたいなものだから、子どもを産めば自尊心が満たされるというのはちょっと違うのでは。

鈴木 違う気がする。

 でも現実には、子どもで自尊心を埋めようとする母親がたくさんいますよね。若い女の子と競い合うようなエロス資本はなく、子育てに専念するために会社を辞め、仕事で自分の価値を感じることもできないとなると、お受験に夢中になって子どもがつぶれてしまうとか。

鈴木 そういう専業主婦はいそうです。

 問題なのは、子育てが「失敗できないプロジェクト」になったことですね。失敗することに対してものすごく大きな恐怖があるから、とにかく何でもやらなきゃと、キャラ弁みたいなのをつくっちゃうわけです。子どもの頃にどんな弁当を食べたかなんてほとんど覚えてないから、どう考えたってなんの意味もないのに。

鈴木 全然ない。例えばSAPIXのα(アルファ)クラスだっていうのは、子ども自身の自慢だっていうならわかるけど、母親が自尊心を持つポイントじゃない。

橘 でも、親のアイデンティティになっちゃう。

鈴木 そう。自分の大学のときの友達なんかも、元々は自分の仕事やファッションなどにプライドを持っていたし、ちゃんと成功していたはずだけど、子供の受験に忙しくなってからは、「特選Aだから学校でいじめられてないか心配」とか、そういうことをツイッターでつぶやくことが増えた気がします。なんかもうそのアピールが単なる報告というより、これこそが今の私の価値っていう。

 子どもはきついですよね。

鈴木 なんか、親にとって自分の作品っていう感じになっている場合はそうでしょうね。もちろん全く本人の意志が不在なわけではないでしょうけど、自分の期待だけでもプレッシャーなのに、親の期待まで背負いこむ余裕ないかな。でも、かつてすごくいい値で売れて主婦になった人たちが、エロス資本は今はもう、自分にないと思ったら、何かしらのところで自分の価値を見つけなきゃならない。なんかすごく見当外れなところではあるけれども、見つけようとあがいているというのは、何となくわかります。不倫に向かう人もいるし。

会社だって、エロス資本でまわってる

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

オンナの本音、30本勝負! 生き方のヒントが見つかる痛快エッセイ。

この連載について

初回を読む
対談】橘玲✕鈴木涼美 専業主婦と働くオンナ。どっちがしあわせ?

鈴木涼美 /橘玲

共働きで生涯現役を勧める『2億円と専業主婦』が話題の橘玲さん。女性の本音を語らせたら右に出る者のいない鈴木涼美さん。ふたりの異色対談が実現しました。鈴木涼美さんの新刊、『すべてを手に入れたってしあわせなわけじゃない』には、30人の女性...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

moxcha 女が女をバカにすると周りの男性にウケる空気感、わかるかも………。この人とかもまさにそう。 https://t.co/eh 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

LP_Takumanbow @nananyan117 ホンマですねww😂 そういえば、僕が参考にした記事です! お暇な時に、お勉強がてらどうぞ笑 東大卒で日経新聞社でも働いてた方みたい😏 https://t.co/z6eQggvDno 3ヶ月前 replyretweetfavorite

kamakurakenbutu @470bird @bonescintigraph 作家の橘玲さんは、『エロス資産』と表現されていますね🤔 https://t.co/0RRbvSxMKw 4ヶ月前 replyretweetfavorite

moxcha その典型例。 https://t.co/eh 5ヶ月前 replyretweetfavorite