妻のほうが稼ぎ出すと、夫のプライドは完全に崩壊する。

共働きで生涯現役を勧める『2億円と専業主婦』が話題の橘玲さん。女性の本音を語らせたら右に出る者のいない鈴木涼美さん。ふたりの異色対談を全5回でお届けします。鈴木涼美さんの新刊、『すべてを手に入れたってしあわせなわけじゃない』には、主婦や独身バリキャリやワーママなど、30人の女性が登場します。前回は、「働くのも専業主婦も、悲惨だったらどうすればいいの?」という結論に。さて、今回は。

夫と同学歴の専業主婦は、けっこうつらい

鈴木 女性活躍社会といわれても、そういう女性を現実的に目の当たりにすると、あんな風になりたいとはほぼ思えない。専業主婦の世界は、知らないだけに、ほとんどファンタジーだし。

 日本の会社ではようやく、子育て中の女性も平等な働き方ができるようにしなきゃいけないとか、女性をもっと管理職に登用しなきゃいけないとか、思いはじめたところですからね。当然、うまくいかないことはたくさんあるでしょうが、だからといって専業主婦になればなったで別の罠が待ち構えている。女性にとってはどっちも行き場がない状況で、ジェンダーギャップ指数がどんどん下がっていくのがすごくよくわかります。

鈴木 専業主婦と結婚した男の人が働く前提になってたシステムを、どこから変えていいのか、会社も結局、よく分かってなくて。すごく悪意があるっていうよりも、持て余しちゃってるんですよね。会社もいろいろ頑張ってはいるんです。働いてて、子どもがいる人を社内報に載せようとか、入社説明会ではワーママに喋ってもらおうとか。いろいろやってて、それこそ私の本(『すべてを手に入れたってしあわせなわけじゃない』)にも書いたけど、友人で何となく辞めようかなって思ってたら、会社の偉い人が、子どもがいてデキる女性っていうのを会社案内に載せたいと言い出して、彼女に白羽の矢が立っちゃった、みたいな。それで辞められなくなり、いまだに会社にいますよ。その代わり、すごいチヤホヤはしてくれるんだけど。優秀な女性ですから、辞めようかなという彼女の雰囲気を嗅ぎ取って焦ってフォローしているというのもありますが。


すべてを手にいれたってしあわせなわけじゃない

 日本の会社は社員に滅私奉公を求めますから、いったんそこから外れると、そういうマミー・トラックみたいなところに乗せる以外にやりようがなくなるんですよね。会社にいてもいいけど、重要な仕事は任せず出世もさせないというのがマミー・トラック。これではまじめで意欲のある女性ほどやる気がなくなりますよね。後輩や同僚に追い抜かれたり、学歴や能力は同じなのに夫だけどんどん出世していったり。

鈴木 本では、前出の、「マミー・トラックを感じて辞めようと思ったらやっと会社が本気で彼女の理想の環境を作り出した」という女性と、浮気に走る専業主婦を対比して書きました。もちろん、主婦の側にも焦燥感や不幸感はあります。あくまでもこの人の場合ですが、「社会に認められていない」という承認欲求の欠如、というのは、専業主婦にはありがちな話かもしれません。

 みんなが浮気に走るわけではないでしょうが。

鈴木 やっぱりいま、専業主婦の人が自分がすごく社会に求められてる、価値ある、時代に即した存在だって思うのは難しいとは思います。だからといって、社会が推奨している、正しいとしている生き方の方も、理想と現実の大変さとの間に差があり過ぎるわけですが。

 日本社会ではずっと「専業主婦になれば幸せ」と信じられてきて、もうそんな時代じゃないんだよということを前の本(『専業主婦は2億円損をする』)で書いたんですが、たった2年間で日本社会の価値観は大きく変わって、いまや共働きが当たり前になりました。いまみんなが困っているのは、専業主婦に代わる幸福のロールモデルがなくなったことですよね。

鈴木 だからもう、生き方がよくわからない

 「平均的な大卒女性の生涯賃金は2億円なのに、それを捨てちゃって本当にいいの?」と訊かれたら、やっぱりみんな考えますよね。だけど子どもができてからも共働きしようとすると、あんなに苦労してまで働きたくないと思って行き場がなくなってしまう。

鈴木 そうなんです。そこそこ富裕層で、女性が働いていない奥さんがいる家庭っていうのはいますけど、たまに。ただ、それは、旦那さんの年収がもう2000万以上あるような家で。それが結局、一番、勝ち組みたいに思われる。要するに、専業主婦だけどベビーシッターとかも雇えるぐらいが理想形とされたりするんです。いわゆる女性誌の読者モデルのような形ですね。

 確かに、そういう希少種の専業主婦はいます。

鈴木 でも、私の本に登場する実際そういうモデルになっている人は、それはそれでやっぱりすごく社会に対して不満がある。自分は男性と同じ教育を受けてきたわけだから、こういう優雅な状況で、自分に誇りを持つっていうのが、逆にできない。今、もう社会が、女性が働くことを前提としてると、自分はなんかはじき出された気がして、この一番の勝ち組に見える人ですら自己承認ができないっていうか。
 いろいろな立場や気持ちがありすぎて、逆に、だから、どれもレアケース。彼女の苦しみは彼女にしかわからない、という孤独の中にいます。だからこそ、一冊にまとめて書いてみたんです。この本に出てくる人たちって、ものすごく貧乏で苦労してる人たちじゃなくて、大体、割と恵まれているとされている人たちばっかりなんですよ。ほとんどみんな学歴あるし、旦那も学歴あるし、収入もあるしっていう家なんですけど、誰ひとり、完全には満たされてない、っていうか。

 恵まれてる専業主婦にしても、小学校から大学までずっと男子と対等に教育を受けてきて、それなりに成果を挙げてきたわけだから、自分の能力に自信はあると思うんです。それでいまやただの専業主婦だったら、じゃあ、あの20数年間は何だったのって思うでしょう、やっぱり。

鈴木 いや、本当に。自分の旦那と、同じことだけをする下準備だけは、全部やってきたわけだから。中には旦那よりも学歴があって、教育にお金をかけてきた人もいます。UAEみたいに、買い物も、仕事も、外に出るのは完全に男で、女の人は何もすることない、オイルマネー家庭の主婦とはやっぱり全然、違う。

 それじゃあ納得がいかないですよね。

妻のほうが稼ぐと、自尊心が崩壊するのが男

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

オンナの本音、30本勝負! 生き方のヒントが見つかる痛快エッセイ。

この連載について

初回を読む
対談】橘玲✕鈴木涼美 専業主婦と働くオンナ。どっちがしあわせ?

鈴木涼美 /橘玲

共働きで生涯現役を勧める『2億円と専業主婦』が話題の橘玲さん。女性の本音を語らせたら右に出る者のいない鈴木涼美さん。ふたりの異色対談が実現しました。鈴木涼美さんの新刊、『すべてを手に入れたってしあわせなわけじゃない』には、30人の女性...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

__sasanqua "橘 「平均的な大卒女性の生涯賃金は2億円なのに、それを捨てち… https://t.co/bdnYsMHSqt 4ヶ月前 replyretweetfavorite

nakapyo 日本では、 自分の年収が上がるより 夫の年収が上がったほうが、 妻の幸福度が高くなる。 https://t.co/oiHL5vlMil 7ヶ月前 replyretweetfavorite

jasmin1932 | 「旦那の精神状態まで考えなきゃいけないんだって思うと、もう仕事なんかしないほうがマシ。」ってとこモヤる💧 ➡️パートナーの精神状態を考えるって相手へのリスペ… https://t.co/SeeSK6Wu3G 7ヶ月前 replyretweetfavorite

bacon15jam https://t.co/luNYw4IDmN 「働いてもいいけど俺より成功するなよ」ってあるよね…。自分と同じ仕事してて有能で稼ぐ女性と一緒になってたけど「稼がない格下の女」とわざわざ浮気・再婚するような男、周りでも何人か見た。… https://t.co/gMbavKaJ6l 7ヶ月前 replyretweetfavorite