花粉症・アレルギーに克つ#13】ステロイド剤を正しく使用してアトピーを改善

牧村由依さん(仮名)の長男は小学4年生。生まれた直後から卵と牛乳、大豆、小麦、クルミの食物アレルギーがあり、アトピー性皮膚炎も発症した。

 牧村由依さん(仮名)の長男は小学4年生。生まれた直後から卵と牛乳、大豆、小麦、クルミの食物アレルギーがあり、アトピー性皮膚炎も発症した。

 成長とともに食物アレルギーは軽くなった。卵も加工品なら食べられるようになり、クルミを除くとほぼ克服できた。しかしアトピー性皮膚炎の症状は残り、今も薬が手放せない。

 牧村さんにとって、目下の悩みはステロイド剤との付き合い方だ。なるべく使いたくないので、症状が治まると使用をやめて保湿剤のみに切り替えてきた。だが、しばらくすると湿疹(しっしん)が出てきて逆戻り。これを繰り返してきた。

 「先日、長男がインフルエンザにかかったとき、ヘルペスが出てしまった。長くステロイド剤を使い続けたせいで、免疫力が下がっているからなのだろうか」と牧村さんは不安を募らせる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません