花粉症・アレルギーに克つ#12】注射薬をつねに持ち歩く子どもが急増 アナフィラキシーと戦う

2016年12月、千葉県流山市で痛ましい事件が起きた。牛乳アレルギーがある5歳の娘に牛乳を飲ませ、アナフィラキシーショックを起こして殺害しようとした疑いで母親が逮捕されたのだ。呼吸困難に苦しむ娘を見た母親が119番通報したことで、一命を取り留めた。

 2016年12月、千葉県流山市で痛ましい事件が起きた。牛乳アレルギーがある5歳の娘に牛乳を飲ませ、アナフィラキシーショックを起こして殺害しようとした疑いで母親が逮捕されたのだ。呼吸困難に苦しむ娘を見た母親が119番通報したことで、一命を取り留めた。

 重篤なアレルギー症状であるアナフィラキシーを発症すると、30分程度で心停止となるリスクがある。このため緊急時に症状を一時的に緩和する、アドレナリン自己注射薬「エピペン」が使われる。ただし医療行為に当たるため、注射できるのは本人か保護者、救急隊員あるいは教職員に限られる。

 全国の小学校、中学校、高等学校で、アナフィラキシーの既往歴があるのは4万3621人(2013年度、日本学校保健会調べ)と、全体の0・48%を占める。エピペンを保持する児童・生徒は0・26%いる。1つの学校で1~2人が、アナフィラキシーの既往歴がありエピペンを持ち歩いている割合となる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません