花粉症・アレルギーに克つ#11】食物アレルギーは食べて治す

都内に住む小学4年生の田中悠人くん(仮名)は、乳児の頃からジュクジュクしたひどい湿疹(しっしん)に悩まされてきた。アトピー性皮膚炎を疑った母の春菜さん(仮名)は、生後半年のときに小児科を受診。血液検査の結果、卵と牛乳、小麦、ソバ、ナッツ類に高い陽性反応が出た。

 都内に住む小学4年生の田中悠人くん(仮名)は、乳児の頃からジュクジュクしたひどい湿疹(しっしん)に悩まされてきた。アトピー性皮膚炎を疑った母の春菜さん(仮名)は、生後半年のときに小児科を受診。血液検査の結果、卵と牛乳、小麦、ソバ、ナッツ類に高い陽性反応が出た。

 医師は塗り薬を処方し、母乳で育てていた春菜さんに、「お母さんがまず除去」と、卵と牛乳を取らないよう指導した。

 とにかく子どもの肌を何とかしたい、その一心で春菜さんは指示に従った。しかし、その後も症状は治まらず、離乳食として一口食べさせた麩(ふ)でアナフィラキシーを発症したときは震え上がった。それ以後、医師から渡された「代替食品の表」をにらみつつ完全除去食を徹底する。一方で、「息子は栄養不足で成長が遅れてしまうのではないか、ステロイド剤を塗り続けることになるのだろうか」と不安は尽きなかった。

 そんなときに救いの手を差し伸べてくれたのは、3歳になった悠人くんが通い始めた保育園の看護師だった。アレルギー専門医の講演会があるから、ぜひ行ってみるようにと勧めてくれた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード