花粉症・アレルギーに克つ#8】花粉症の人は要注意! 突然発症する食物アレルギー

細田晴香さん(仮名)は3歳の頃にピーナツアレルギーを発症して以来、30歳になった現在もその症状に悩まされている。職場の同僚にお土産としてもらうお菓子は、自宅に持って帰り家族に食べてもらう。安易に食べると口の中の違和感や、ひどいときには顔のはれ、呼吸困難などアナフィラキシーの症状が出ることがあるからだ。

 細田晴香さん(仮名)は3歳の頃にピーナツアレルギーを発症して以来、30歳になった現在もその症状に悩まされている。職場の同僚にお土産としてもらうお菓子は、自宅に持って帰り家族に食べてもらう。安易に食べると口の中の違和感や、ひどいときには顔のはれ、呼吸困難などアナフィラキシーの症状が出ることがあるからだ。

 受け取ったお菓子の小袋に原材料表示がない場合でも、「せっかくの好意を無にするような気がしてピーナツが入っているかどうか聞くことははばかられるし、入っていたとしてもいらないとは言いづらい」と細田さんは言う。仕事関係者や友人たちとの会食の場合、ピーナツが使われていることが多い中華やインド、アジア料理だと食べられるメニューが極端に少なくて困ることもある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません