花粉症・アレルギーに克つ#6】どんなアレルギーでも治せる時代が来る

どんなアレルギーでも治せる時代が来るかもしれない。そのカギとなるのが、大阪大学の坂口志文特任教授が発見した「制御性T細胞」(Treg細胞(ティーレグ)細胞)だ。人間の免疫機能とアレルギーには、どのような関係性があるのだろうか。

 どんなアレルギーでも治せる時代が来るかもしれない。そのカギとなるのが、大阪大学の坂口志文特任教授が発見した「制御性T細胞」(Treg細胞(ティーレグ)細胞)だ。人間の免疫機能とアレルギーには、どのような関係性があるのだろうか。

Treg細胞はここがスゴい

 白血球の細胞のうち、免疫にかかわるのがリンパ球や単球(樹状細胞など)。中でもリンパ球(T細胞、B細胞)は病原菌やアレルゲンを無力化する。

 T細胞は骨髄で生まれ、自身を攻撃しないよう胸腺で自分の細胞や遺伝子を覚えた後、外敵の情報を伝達するヘルパーT細胞、ウイルス感染細胞や細菌を殺すキラーT細胞、その働きを制御するTreg細胞に分化する。同じく骨髄で生まれるB細胞は胸腺には行かず、花粉や異種タンパクなど異物(抗原)を認識すると抗体を作って抗原を無力化する。

 Treg細胞は、ヘルパーT細胞、キラーT細胞、B細胞の働きを適度に抑えて免疫反応が暴走しないよう制御し、記憶もする。このため目指す抗原にのみ働きかける治療が可能になる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません