お迎えに行かなくていい夜が楽しすぎて

【第4話】7年のワンオペ生活の反動で、仕事へのパッションが止まらず連日深夜帰宅が続いてしまうふさ子。そんなふさ子に夫はチクリと一言。それでも、一度わき上がったパッションと、自由な生活への喜びはなかなかおさまることはなくて…。



この連載について

初回を読む
大黒柱妻の日常

田房永子

共働き世帯は今や6割超。しかし平日の家事育児の大半は妻が負担、がマジョリティの日本社会。ワンオペ育児を7年間続けた妻が夫と役割を逆転、「お父さん」の立場になったら見えてきたものは――? 『母がしんどい』、『ママだって、人間』、などの人...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード