ネガティブは栄養になる

「モテる文体とはなにか?」を徹底的に分析する連載です。今回は、セカオワSaoriさんが紡ぐ「音楽のように流れる文章」について解説します。書評ライター・三宅香帆さんの著書『文芸オタクの私が教える バズる文章教室』から特別収録。

藤崎彩織の旋律力
なぜだかわからないけど、ものすごく感情移入したくなる。



「流れるような文章」という表現。たまに耳にしますよね。

つるつる、さらさらした文章。つっかかることなく読める文章。
でも実際、どういうふうに書けば「文章は流れるのか?」…って聞かれたとしても、うまく答えられません。
たとえば句読点をほとんど打たずに、だ—って最後まで書き切ったところで、それが「流れが良い」と言えるのか。きっと言えない。

一方で「音楽が流れている」って言葉は、感覚的に理解できる。

音楽は基本的に「流れる」 もの。
なぜそのように聴こえるかと言えば、同じテンポで流れているから。

そのまま流れていれば心地いいし、途中でテンポが変わったり、急に止まったりすれば「えっ」って違和感が生まれる。

じゃあ、文章でいうテンポってなんだろう。

はいっ! 話が抽象的になりそうなので、実際に「流れるような文章」をお見せします。


人気バンド SEKAI NO OWARI の作曲・ピアノ担当の藤崎彩織さんは、アーティストということもあってか、「文章の流れ」がよく練られています。

冒頭の「実際のところ、」から「一ヶ月後には全国ツアーを控えていたので、その練習をする為だ。」まで読んでみてどうですか。

ここまで「文章が流れている」のが分かりますか。

なぜでしょう。句読点が少ないからでしょうか。言葉が韻を踏んだりしているからでしょか。接続詞の使い方が正しいからでしょうか。

きっと違いますよね。
前半の要素をいくつかピックアップしてみましょう


〈要素A〉平均的な育休期間に比べるとかなり短いけど、私は産後二ヶ月で仕事に復帰できた。

〈要素B〉周囲からは復帰は体調が戻ってからでいいと言われていたけど、私の体調はとても順調だった。

〈要素C〉やや体力が落ちたとは感じていたが、妊娠前よりよく眠れるようになった。

〈要素D〉(心配して止められるかと思ったが、)夫や母などの家族たちも仕事をすることを応援してくれた。


わかりますか。

実はここまでの文章は、ぜーんぶ同じ趣旨のことが書かれてたのです。
つまりすべて〈心配していたけど、うまくいった。〉ということ。

ポジティブな出来事、ポジティブな出来事、ポジティブな出来事という止まらない流れによって、産後の復帰に対する不安が杞憂だったという様子が、畳みかけるように伝わってきます。うまくいってる、よかった、とホッとする書き手の笑顔が見えるようです。

でも、このあと突然、こんな一文が差し込まれます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

言葉の発信力をあげたい人へ。

この連載について

初回を読む
文芸オタク女子の バズる文章教室

三宅香帆

こんな書き方もありだったのか! 文芸オタク女子が暴露する、「モテる文章の秘密」がいっぱい。文章を書くという行為が、今よりもっと面白くなるはずです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Celica3212 #スマートニュース 約2ヶ月前 replyretweetfavorite