​要潤が気になる

今回取り上げるのは俳優の要潤。名バイプレーヤーとして、テレビドラマに欠かせない存在になりましたが、その分番宣のためバラエティ番組で見かけることも多くなりました。そんなバラエティ番組で立ちふるまいから、要潤を考察します。

バラエティに登場する俳優の苦悩

昨日も今日も、映画やドラマの番宣でバラエティ番組に俳優が出演し続けている。本職の演技よりも、番宣での登場の仕方によって世間の評価が定まっていく流れは加速するばかりだ。自分もすっかり、「うんうん、よくぞここまで、番組のテンションに合わせてくれた」という高評価を、プロデューサーみたいな目線で下してしまう視聴者の一人である。今一度考えなければいけないのは、どんな俳優が来ようとも、難なく溶け込めるようにするレギュラー陣の細やかな配慮である。俳優がすっぽりハマるためのスペースをいくつも用意している。

あとはゴール前にあるボールを蹴り込むだけ、という状況を作り、素直に蹴れば大笑い、まさかの空振りでも、その拙さに大笑い、という優しい・易しい状態を作っている。そのお膳立てを感知せずに、わざわざバラエティに降りてきた自分は客を笑わせることもできるんだよね、といった振る舞いを見せられると、テレビの前で殺気立つ。ここではこういうボケが有効なんでしょう、と置きにくるのだが、そのボケを有効にするために、周囲は巧妙に環境を整えている。とはいえ、彼らにとってこの手の場で笑いをとる仕事は本職ではないのだから、こうやって問われること自体が本望ではないはず。あれこれの番組で宣伝にまわることがセットになっている俳優業の苦悩って、根深いものがあるはずだ。

降臨するのではなく馴染む
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

okadappa テレビで見かけるたび、ぼんやりと「好きだなぁ」と思っていたけど、この考察がその答えなのかも。 10ヶ月前 replyretweetfavorite

tabibito3twi これ凄くわかる 要潤みたいなひとに憧れるー https://t.co/FROGmTw1tg 10ヶ月前 replyretweetfavorite

aoi_tsumu ひそかに要潤のYoutubeをみてしまっている自分にとってタイムリーなトピックだった。 要潤が気になる|武田砂鉄 @takedasatetsu | 10ヶ月前 replyretweetfavorite

t_take_uchi 要潤が気になる|武田砂鉄 @takedasatetsu | 10ヶ月前 replyretweetfavorite