組織にとってみんながご機嫌であることが何よりも大切

書籍『岩田さん』を囲んで話す座談会。第二回は岩田聡さんの編集者的な要素から考えます。宮本茂さんとの関係や、岩田さんが重んじた「ご機嫌な組織」についてなど、第二回も盛りだくさんの内容です。

編集者としての岩田さん

永田 岩田さんに編集者的な要素というのは、たしかにあったかもしれないと思いますね。自分の発想で何かを生み出すことももちろんたくさんあるんですけど、いわゆる作家的な生み出し方とは違うと思います。

加藤 Wiiの製作スタンスがまさにそうじゃないですか。「ゲームの市場をマニアの市場にしておいてはいけない。どうやったらお母さんに好きになってもらえるか」という視点は、すごく編集者っぽい。タイマーで電源が切れたほうがいいんじゃないかとかそういうことを考えるのは、編集の仕事ですよね。すごいことをやってるんだなと思いました。

永田 そうですね。

加藤 ぼく、ゲームが好きなんですけど、ゲーム好きってスペックを追うじゃないですか。でもそこで、Wiiという変わったものを出して、それがたくさんの人に受け入れられた。ぼく、ちょうど、Wiiが出た年にニューヨークに行ったんです。マンハッタンに任天堂ストアがあるのですが、もうね、すごかったんですよ。あそこはいろんな国の人がいるじゃないですか。そのいろんな家族連れが集まって、子どもたちがめちゃくちゃうれしそうに遊んでいて、親がそれをにこにこして見ているんです。ちょっと感動しましたよね。こんなことができるのかと思って。それで今回、『岩田さん』を読んだら、そこは完全に狙ってやっていたことがわかって。すごいな、と思いました。


岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。(ほぼ日)

柿内 会議の名前を付ける、みたいな話も編集者がやる仕事に近いなと思いました。

永田 ああ、部門横断の場を「車座」とか。

柿内 道をつくるというか、文脈をつくるというか。なんかすごくそういうことをやっているなという印象がありました。

加藤 たしかにネーミングで変わりますもんね、いろんな動きが。

永田 岩田さんは、「自分しかできないこと」を増やすのではじゃなくて、自分以外も通れる道をどんどん掘っていくみたいな仕事のしかたをしていたと思います。

柿内 少し話は戻りますが、岩田さんと宮本さんの関係って、おもしろいですね。

加藤 おもしろい。すごくよかった。

永田 この本をつくるために岩田さんが語られたものをたくさん読んだんですが、宮本さんについて語ってる量って、やっぱりものすごく多いんですよ。

柿内 そんなに大好きなんだ。

永田 すごく尊敬していたと思います。そこに、同業者としての視線も入るのがおもしろい。HAL研時代からずっと「この人はなんでいいものをつくるんだろう」「なんで自分のはウケないんだろう」という感じで宮本さんのことを見ていたそうですから。

加藤 糸井さんに対しても同じ感じだったんですか?

永田 ああ、いえ、糸井に関しては、また違う畑の憧れだったと思うんです。

加藤 そっか同じエリアじゃないからね。

古賀 宮本さんに対しては、ちょっと悔しさみたいなものもあるんだよね。

永田 そう。それは明るく認めていらっしゃいました。

加藤 なるほど。そうなんだ。

古賀 やっぱり同業で、岩田さんも、自分がつくるものに自信を持っていたので。

永田 あの2人の話は、ほんとうにおもしろいですね。宮本さんもほんとはもっと語れると思うんですよ、岩田さんのことを。でもやっぱり岩田さんが宮本さんを語れる量のほうが圧倒的に多いかなあ。

加藤 ずーっと見てたんですね。

永田 見てたと思います。なんだろう、あれは。憧れもあるし、少しの悔しさもあるし‥‥。やっぱり、「ほんとに知りたかった」というのが一番大きかったかもしれないですね。

加藤 「なんでこんなにすごいのか」

永田 「なんでこんなおもしろいものがつくれるのか」基本的に岩田さんは「なぜ」の人なので。

加藤 岩田さんって、本を出したがらない方だったんですか?

永田 はい、まったく。ぼくは一度はっきり本を出したいと言ってやんわり断られたんですけど、そのときおっしゃった文脈も憶えていて、「わたしが任天堂の社長として自分の考えを外に出すことにマイナスこそあれ、プラスはなにもない」というふうにおっしゃってました。

加藤 なるほどね。

永田 そのときはとくに任天堂がWiiとかで市場を席巻しているときで、勝ってる人が勝ってる理由を語ることになんのメリットがあるんだという、お見事な。

古賀 なるほど。

加藤 人格者ですね。

古賀 かっこいいなぁ。

永田 ぼくは、本の「はじめに」で、クドいほどこの本を出す動機や流れを書いたのですが、それはこの本が、そういうある種の後ろめたさを抱えながらつくった本だったので。だから、さっき柿内さんがおっしゃった「放出しないとそのまま終わっちゃう」というのは、勇気づけられる気がしました。

古賀 だから、この本に書いてあることって岩田さん本人は「本になる」と思って話していないじゃないですか。

永田 まったくないですね。

加藤 キリストも本になる予定はなかったよね、きっと(笑)。ただ話してた。

古賀 そういう、ほんとうに目の前の人に伝えたくて話していたこと、わかってほしくて話していたことが、こうやってまとまって本になっているのは、変な作為がないぶん、ダイレクトですよね。それはこの本の一番の魅力かなという気がします。

永田 あ—、なるほど。そうかもしれないです。

ご機嫌であるためにはなにが合理的か
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。

ほぼ日刊イトイ新聞
株式会社ほぼ日; 四六判変形版
2019-07-30

この連載について

Series thumbnail 初回を読む
岩田さん』を真ん中に置いて話そう。

ほぼ日刊イトイ新聞

2019年7月30日に発売された書籍『岩田さん』。任天堂の元社長 岩田聡さんのことばをまとめた本作について、『嫌われる勇気』ライターの古賀史健さん、『漫画 君たちはどう生きるか』編集者の柿内芳文さん、『岩田さん』編集担当の永田泰大さん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

junkoike_sake いつもご機嫌な編集長でいたい。 9ヶ月前 replyretweetfavorite

sadaaki 岩田さんに会ったことのない3人が、会ったことのある永田さんと話す座談会の2回目が公開です。 9ヶ月前 replyretweetfavorite

sachicosan801 ご機嫌な人ってすき https://t.co/Vsk41UFBeG 9ヶ月前 replyretweetfavorite

cookingkumasan すごいよなぁ。「みんなが機嫌よくやっているか?」ということをすごく重んじる人で」 9ヶ月前 replyretweetfavorite