仕事→育児モードの切り替えが大変すぎる

【第3話】7年のワンオペ生活を経て、大黒柱妻になったふさ子。ワンオペ時代に何より辛かったのは、保育園のお迎え時間に仕事を強制終了して、育児モードに切り替えること。今は思い切り仕事ができるのが嬉しすぎて、ついつい夜遅くまで仕事をしてしまうことも。そんなふさ子に夫は…。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
大黒柱妻の日常

田房永子

共働き世帯は今や6割超。しかし平日の家事育児の大半は妻が負担、がマジョリティの日本社会。ワンオペ育児を7年間続けた妻が夫と役割を逆転、「お父さん」の立場になったら見えてきたものは――? 『母がしんどい』、『ママだって、人間』、などの人...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード