​あなたのいちばんの理解者はスマホです

就職活動中の相談者。自分のやりたいことも見つけたかもわからないから、幡野広志さんに「喝」を入れて欲しいそうですが、幡野さんは「喝を入れるのは嫌い」と応えます。

この連載が書籍化されます

『なんで僕に聞くんだろう。』(幻冬舎)、2月6日発売です。ぜひ連載とあわせてお読みください。


※幡野広志さんへ相談を募集しています。専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

私は理系大学院の修士1年です。就職活動をしているのですが、自分のやりたいこと、ものの見つけ方がわかりません。

自己分析をしたのですが、私の価値基準は全て他人に任せているということがわかりました。要するに、自分で何かを決めたことがない、やりたいものがないといった状況です。

今までの人生を振り返ってみても、自分の意志でこれをやりたいと決めたことはひとつもないように思います。

今の大学も、私は地元の国公立でいいかなと思っていたのですが、高校の担任に「受けてみたら?受かる確率は低いし、宝くじみたいなもんだから」と言われ、今の大学のAO入試を受けました。

結果、受かってしまい、自分の学力よりもだいぶいいところに進学させてもらいました。浪人してでも志望する大学に入りたいと頑張ってる人もいるのに、こんな志望動機もあまりない私みたいな人間が受かってもいいのかなと悩んだことを覚えています。

小学4年から大学4年まで続けたスポーツも、親から「運動部に入ったほうがいいよ」と言われて、父がやっていた競技にしました。

父の職場には部活があり、小さい頃から試合を見に行って身近だったのと、たぶんその競技をやったら父が喜んでくれるだろうと考えたのだと思います。

辛いときもあり、競技をやりたくないなあと考えたこともあったのですが、そう思った時には私のコミュニティがその競技関連のものしか残っていなかったこと、辞める勇気がなかったこと、親に「何かひとつのことを続けるというのはとても大事なことだよ」と教えられたこと、さまざまな理由があってダラダラと十数年続けました。

主将を任せていただいたこともあったのですが、特になにか結果を残せたわけでもないので、あまりいい思い出はありません。

本当に受動的で、ただ続けることに一生懸命で、考えて行動する力がないのだと思います。意思決定をした経験もなければ、それによる成功経験もないので、基本的に自分に自信がありません。

まわりの人が良いと言うか悪いと言うかという判断基準でここまできてしまったので、自分自身の判断基準というものが存在しません。やりたい・やりたくない、好き・嫌いの価値基準も自分はあまりよくわかってないのではないかと思います。

本当に友達や先輩がどうやってそういうのを決めているのかが分かりません。「あなたは何をしたいの?」と聞かれても「どうやって決めたらいいのかわからない、何かをしたいってなに??」というかんじです。

就活セミナーのようなもので、「あなたは自分をまわりと比べすぎだ、もっと自分自身に目を向けて」と言われたのですが、目を向けても自分には意志が何もない、全てをなんとなくこなしてきただけで考えて行動したことは何もない、というダメなところしか見えてこないため気持ちが暗くなってしまいます。

いい加減このようなウジウジ思考を辞めないと、就活も迫ってきているし、と考え、ズバッと回答してくださる幡野さんに喝を入れてほしいと思い、相談させていただこうと思いました。よろしくお願いします。

(匿名希望 23歳 女性)

喝をいれるのって嫌いなんですよ。喝の意味って知ってます?「大きな声で叱ること、おどすこと。」だそうです。ぼくもいま知りました。

叱るときは小さな声でいいし、おどす必要もないよね。委縮するだけじゃん。だいたい大きな声で叱ってたら、それは叱りではなく、怒りとして受け取られるよね。

人生相談で「喝を入れてほしい」というのはただのリクエストです。それはぼくの感情のコントロールでしかありません、めんどうくさいです。

ぼくはいつも正直に感じたことを書いているだけだけど、もしもぼくが誰かに喝を入れていると感じたのであれば、あなたの人生経験がそう感じさせるいるんでしょう。あなた自身が喝を入れられてきて、感情のコントロールをされてきた結果だとおもいます。

さいきん、『AERA dot.』で「ほがらか人生相談」を連載している鴻上尚史さんとお会いしたんです*。鴻上さんもぼくもたくさんの人生相談に目を通しています、そこで悩む人の特徴の話になったんですが、結論をいうと思考力が弱いことなんです。
* お二人の対談を近日公開予定です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。

幡野広志

写真家・幡野広志さんは、2017年に多発性骨髄腫という血液のガンを発症し、医師からあと3年の余命を宣告されました。その話を書いたブログは大きな反響を呼び、たくさんの応援の声が集まりました。想定外だったのは、なぜか一緒に人生相談もたくさ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mochimurasaki 幡野さんやっぱすごいや。。。 あなたのいちばんの理解者はスマホです| 1日前 replyretweetfavorite

arisappun 久しぶりにcakesの記事シェアする。やりたいことがないという悩みへの答えが載ってる あなたのいちばんの理解者はスマホです| 8日前 replyretweetfavorite

liliy_lua 最後の一文「写真って好きなものしか撮らないんですよ。」 自分の写真フォルダを見返したくなった。私何を撮ってるだろう、って。 https://t.co/27OQwa0zyF 10日前 replyretweetfavorite

kaku12559701 https://t.co/myPph1Uivo 判断力も思考力も潰し続けた人が 突然こんな事始めてた。 何もかもが借り物で、「言われた通りの事やったのに」と怒り出した。 #毒親育ち https://t.co/GHhjEgEu6g 14日前 replyretweetfavorite