孤独死した人間の最期を撮影し続けているカメラマンの言葉

東北の農業や漁業の現場を取材したタブロイド紙と、野菜や魚などの生産物をセットで届ける新しいタイプのメディア「東北食べる通信」。その名物編集長が、「都市」と「地方」を切り口に、これからの農業・漁業、地域経済、消費のあり方、情報社会における生き方までを語り尽くした、『都市と地方をかきまぜる』(光文社新書)を、cakes読者に特別公開します!

◆疲弊する都会

個人主義が幅をきかせる都会では、家族や地域などの人間関係が希薄だ。

私の友人に、都会の孤独死を追って、孤立した人間の悲惨な最期を撮影し続けているカメラマン・郡山総一郎氏がいる。彼はこんな話をしてくれた。

「孤独死の現場は、警察が調べた後、最初に清掃会社が現場に立ち入ることになるので、私はそれまでの仕事をすべて辞め、清掃会社にアルバイトとして勤め、孤独死の現場に最初に足を踏み入れ、片づけながらシャッターを押し続けています。

たどりつくのは団地やアパートの一室。入ると鼻がもげるような腐臭が立ち込めますが、部屋の状況そのものはまるですぐに居住人が帰ってくるかのような自然さです。普通に暮らしている中で、ある日倒れて、あるいは衰弱して、そのまま息絶えるわけだから、生活感が残っているんです。

孤独死というと、身寄りのない人か、身寄りがいても遠方に住んでいるケースなのだろうと思っていましたが、都会で孤独死した人の半分は、親族が目と鼻の先に暮らしているケースでした。それでも遺体は死後二カ月後に発見されたりする」

つまり日常生活の中で、親族や隣近所と会話することがなかったということになる。人間関係の断絶によって、孤独死に追いやられているのだ。

こうした孤独死は、東京の団地やマンションでは一日平均約一〇件起きているという。これが都会の実情だ。

一方で、「孤独死の何が問題なのかわからない」という会社員の女性にも出会った。彼女は、車座座談会でその思いをこう語った。

「家族を持たない、持っていてもそれぞれ独立した個人として生き、最後はひとりで静かに終わりたいと自ら選択するのであれば、それもひとつの生き方ではないか」と。

そういわれてみると確かに、死に様は個々人の選択の問題であり、孤独死をひとくくりにして悲劇的なことと断定するのもおかしい話だとは思った。煩わしさに頭を悩ませるくらいだったら、孤独死は覚悟の上で個人としての自由な暮らしを最後まで貫き通したいという生き方が、選択肢のひとつとして許容される時代になってきているのかもしれない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

これまで語られていた「地方創生」の概念を覆す、新しい都市論、地方論!

この連載について

初回を読む
都市と地方をかきまぜる 「食べる通信」の奇跡

高橋博之

東北の農業や漁業の現場を取材したタブロイド紙と、野菜や魚などの生産物をセットで届ける新しいタイプのメディア「東北食べる通信」。その名物編集長が、「都市」と「地方」を切り口に、これからの農業・漁業、地域経済、消費のあり方、情報社会におけ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません