童貞の男に決定的に欠けている視点—童貞からの長い手紙⑩

「自由に飛び立てばいい。やれたかもの大空へーーー」
これまで9回にわたってお送りしてきた「童貞からの長い手紙」シリーズ、いよいよ最終回です。前回、委員長が「やれた!」と判定を下したものの、月満子には「やれたとは言えない」と判定された寺河内。その理由をおそるおそる聞いてみるとーーー。シリーズ1話目(無料)はこちらからどうぞ。

<前回のお話はコチラ

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
やれたかも委員会

吉田 貴司

あのとき、もしかしたら、あの子とやれてたかもしれない……。男たちのそんな「やれたかも」を、「やれたかも委員会」が判定します。漫画家・吉田貴司さんが描く、切なくも可笑しい話題作! やれたかもしれなかった夜は、人生の宝です。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jagabat |吉田 貴司 @yoshidatakashi3 |やれたかも委員会 マジでこれ読んだほうがいいよ https://t.co/HOA5K6KGkX 3ヶ月前 replyretweetfavorite

larcfortdunord https://t.co/AukZWdVdDF  「童貞を擁護・正当化する」 →「童貞を受容する女性を肯定する」 →「偏った女性像の押し付けになる」 →「普通の女性には迷惑」 いやぁ素晴らしい結論だった。あってると思うw 4ヶ月前 replyretweetfavorite

osakana22_0811 いい話だった… https://t.co/nHzedGfJlS 4ヶ月前 replyretweetfavorite

suisuiayaka 最高すぎた... あまりにもあまりにも最高すぎた.. 10まで全部読んできてよかった.. 4ヶ月前 replyretweetfavorite