歴史を変えたのは「行儀が悪い」女性たちだった

イギリスのハリー王子とメガン妃の王室離脱宣言が話題を呼んでいます。メガン妃の行儀の悪さを非難する声も多いですが、アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんは、歴史を振り返ると「行儀が悪い」ことは必ずしも悪ではなかったと考察します。

「行儀が悪い」メガン妃

ハリー王子とメガン妃が王族引退宣言(詳細の合意ができたことを、1月18日にエリザベス女王が公式発表)ことで、世界中の人々が大騒ぎしている。メディアから人種差別丸出しのいじめにあった妻を守るハリー王子への絶賛があるいっぽうで、メガン妃に対するバッシングが目立つ。「英国王室のマナーや礼儀を重んじていない」、「英国王室の(ビートルズ解散の原因を作ったと責められた)ヨーコ・オノだ」といったものだ。その前から、「舌を出したりして、王室の一員らしくない」と「行儀の悪さ」を上げる批判がかなりあった。

メディアを見ていると、メガン妃が黒人であることと、アメリカ人であることの2つが先入観になって、「行儀が悪い」という批判を強めているように感じる。

英国のメディアやメディア関係者による人種差別に関しては、BBCラジオ5ライブの司会者ダニー・ベイカーがハリー王子とメガン妃の第一子アーチーを猿よばわりしたツイートなど、事例は山程ある。

「イギリスにはアメリカのような黒人差別はない」という意見もあるようだが、黒人の英国人ライターのアフア・ヒルシュは、ニューヨーク・タイムズ紙の「黒人の英国人は、なぜメガン・マークルが抜けたがっているのか理解できる」というコラムでそれを否定している。大英帝国はかつて奴隷貿易のパイオニア的な役割を果たしていたし、それは白人優先主義と人種差別に支えられたものだった。他国に先駆けて1807年にアフリカ人奴隷貿易を禁止したが、その後もカリブ海の英国領諸島では1833年まで奴隷が使われていた。

もうひとつ英国人がメガン妃に対して厳しいのは、彼女が「アメリカ人」という部分だ。ハリー王子やメガン妃に対して好意的なアメリカ人やアメリカのメディアに対しても、「アメリカ人には礼儀を重んじる英国や英国王室が理解できない」といった英国からの批判がある。

でも、英国貴族の血には、かなりアメリカ人の血が混じっている。アメリカ人は直接的にも間接的にも英国貴族に大きな影響を与えてきたのだ。(ダイアナ妃の曾祖母もアメリカ人だったのでウイリアム王子やハリー王子にもアメリカの血が混じっていることになる)


アメリカから英国に渡った「ダラー・プリンセス」

19世紀の英国では、「称号と大きな屋敷はあるが、それを維持する金がない」という窮地に追い込まれた貴族が増えていた。手に職を持つのは下品だとみなしている英国貴族にとって、簡単な解決策は「巨額の持参金を提供する裕福なアメリカ人の娘と結婚する」ことだった。当時のアメリカの富豪にとっては、娘を貴族に嫁がせれば貴族の親戚ができ、自分の社会的ステータスが上がる。両者の利害関係が一致したことで、故郷のアメリカを離れて英国貴族に嫁ぐ、通称「ダラー・プリンセス」が数多く誕生した。ドラマ「ダウントン・アビー」のグランサム伯爵夫人であるコーラ・クローリーは史実に沿ったフィクションだ。

何十人ものダラー・プリンセスの持参金が、借金まみれの英国貴族とその大邸宅の数々を救ったことは、多くの書物に書かれている。その中で、最も有名なダラー・プリンセスは、コンスエロ・ヴァンダービルトだろう。


最も有名な「ダラー・プリンセス」のコンスエロ・ヴァンダービルト

「行儀が良い」コンスエロの悲劇

コンスエロの父は、鉄道王コーネリアス・ヴァンダービルトの孫で、ヴァンダービルト家のなかでも最も裕福だったと言われる。コンスエロの母アルヴァは野心家であり、娘を理想的な花嫁候補に育て上げようとした。首が長く背筋が伸びた魅力的なスタイルになるように、鉄の棒を背中に着用させたり、いいつけに背くと鞭で打ったり、相当な毒親だったようだ。

アルヴァはその後離婚して社会的ステータスを失うが、娘を英国貴族である第9代マールバラ公爵のチャールズ・スペンサー=チャーチルと結婚させることで地位を取り戻そうと計画した。コンスエロには秘密裏に結婚を約束していたアメリカ人男性がいたのだが、母は脅しや説得で強制的に公爵と結婚させたのである。

このときのコンスエロの持参金は現金で160万ドルで、その他にも父親が毎年「生活費」のようなものも支払い続けた。ヴァンダービルトが公爵に与えた金の合計は、推定2000万ドル(約22億円、現在の価値に換算すると約660億円)にもなったという。

結婚式の会場までずっと泣き続けた花嫁のコンスエロは、式の後で、公爵から「ほんとうは別の女性を愛していたのに、(公爵の所持である)ブレナム宮殿を救うため仕方なく結婚した」と言い渡され、二重のショックを受けた。コンスエロは、それでも「公爵夫人の義務」を果たそうと努力した。大邸宅の維持という大仕事をこなし、「公爵の世継ぎになる長男と、彼が亡くなった場合の予備である次男(heir and spare)」を産み、公爵が所持する土地と大邸宅に経済的に依存する庶民を助けた。

しかし、従順に義務を果たしたコンスエロに与えられたご褒美は、夫の浮気と離婚だった。公爵は、妻の金を使って贅沢な暮らしを続け、そのうえ、結婚してすぐに妻の友人であるグラディス・ディーコンと愛人関係になったのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

現在の危機を歴史の再考から捉えなおす、現代アメリカの水先案内人による勇気と希望のエッセイ集。

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

YukariWatanabe 過去の記事ですが、これも合わせて読んでいただきたいです。 https://t.co/4ypzlLER0u 6ヶ月前 replyretweetfavorite

nakaizu3 メモ2 アメリカはいつも夢見ている「 10ヶ月前 replyretweetfavorite

grotesque1982 これは面白い https://t.co/nWtqZ6VQaC 10ヶ月前 replyretweetfavorite

OneopeMam なるほど、行儀の悪い女でいいのだ。大人しく踏みつけられるほど馬鹿らしいことはない。 / 他54件のコメント https://t.co/WWbg8rWqan 10ヶ月前 replyretweetfavorite