保育園があぶない!

あぶない保育園の見分け方

【預ける前に園の内部をチェックすべし】
園児や保育士不足で経営難に陥る保育園は今後増えるだろう。保育に詳しいジャーナリストの猪熊弘子氏や現場の保育士への取材を基に、「あぶない保育園」を見分けるポイントを解説する。

安心して預けられる保育園を選ぼう。Photo:PIXTA

 0歳児からであれば6年間、日中の生活を保育園に任せることになる。突如閉園するリスクのある所を選んでしまわないように、保護者も経営の質や保育の質を見て園を選ぶ時代が来ている。

 では、どうしたら「あぶない保育園」を見分けることができるだろうか。経営が危ない園は、さまざまなコストを削りたがる。コストの7~8割は人件費であるため、「職員の数を最低限にする」「人件費を抑える」「備品を節約する」といった手段が取られがちだ。そんな園は事故や問題が起こりやすい。下の表に沿って「あぶない保育園」かどうかをチェックしてみてほしい。


拡大する

●保育室を見せてくれるか

 イベント時など決まった時間に保育室を見るのはOKでも、それ以外の時間に中に入らせてもらえない場合は気を付けた方がいい。「死亡事故が起こる園は保育室内を見せない」とジャーナリストの猪熊弘子氏は明言する。防犯や衛生上の理由をつけることもあるが、保護者にも見せないというのは、保育士の人数が少ない、保育の質が低いなど、何らかの問題を抱えている可能性がある。

●午睡中に見守りができているか

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年2/2号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-01-28

この連載について

初回を読む
保育園があぶない!

週刊ダイヤモンド

あなたの近所で、最近新たに建てられた保育園を見掛けたことはないだろうか。国は安倍晋三政権が掲げる待機児童解消のために、血税をつぎ込んで大量に保育園を新設している。だが、量の確保を急ぐあまり、「保育園の質」が劣化している。際どい保育行政...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード