桃山商事の恋バカ日誌

ダサいを回避しようとするその行動がダサい

「失恋ホスト」として数々の恋愛相談を受けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」の3人が、さまざまな角度から恋バナ談義を繰り広げるこの連載。新年第1回目のテーマは、「男らしさクライシス~『ダサい』をめぐって」です。サウナでの我慢、酒の実力アピール等々、なぜか強がってしまいダサくなる男たち。その心を分析します。

サウナで男友達が放った忘れられないひと言

【登場人物】

清田隆之
桃山商事・代表
1980年生まれの文筆業

森田雄飛
桃山商事・専務
同じく1980年生まれの会社員

ワッコ
桃山商事・係長
1987年生まれの会社員

清田 桃山商事の恋バナ連載、今月は「男らしさクライシス~『ダサい』をめぐって」というテーマでお届けします。

ワッコ 男らしさクライシス……新年早々、ものものしいタイトルですね。男性にとって、ダサいはクライシスなんですか?

森田 個人的には、「ダサいと思われたくない」という感覚は昔から自分の中にあるなと思う。

清田 めっちゃわかる。この言葉はファッションの文脈で使われることが多いけど、一方で態度や心構えなんかを「ダサい」と形容することもあるじゃないですか。そう思われることへの恐怖って、我々男にとってかなり根深いものではないかと感じる。

ワッコ なるほど。確かにダサいっていう言葉は女性に対してはあんまり使わないかもしれないですね。

清田 じゃあまず、個人的に男らしさとダサさのつながりを感じたエピソードを紹介したいんだけど、これは男友達と二人でサウナに行ったときの話で。

森田 サウナは、記号としての男らしさがあるよね。

清田 俺は体質的にサウナや熱いお風呂が大丈夫なほうで、その時も長めに入っていたんだけど、友達は途中から「ふーっ、ふーっ」と息が荒くなってきて。見るとかなりの汗が噴き出ていて、苦しそうだった。

ワッコ 結構な限界を迎えてるじゃないですか!

森田 競争じゃないんだから、出ればいいのに……。でもわかる。きっと謎の勝負メンタルが発動しちゃったんだろうな。

ワッコ いいからさっさと出ろ!(笑)

清田 これ以上は無理となったのか、彼はよろよろっと立ち上がって、出口のほうに向かったんだけど、そのとき放ったセリフが今でも忘れられなくて。

ワッコ なんて言ったんですか?

清田 「俺、飽きたから出るわ」と……。

ワッコ えっ? サウナに飽きた!?

森田 斬新な表現……何も言わないままだと「負け」になっちゃうと思って、ひねり出したのかなあ。

清田 先にサウナを出るのは苦しいからではなく、あくまで「飽きたから」というロジックを。

ワッコ なんならサウナをディスってません? 俺は大丈夫だけど、サウナが俺を楽しませてくれないっていう(笑)。

清田 サウナは我慢比べの場ではないし、俺が勝ったわけでもないのに、なぜか彼は負け惜しみのようなセリフを放った。でもこれ、その人に特有の話でもないと思うのよ。男友達といると、この手のロジックやエクスキューズをよく耳にするような気がする。

ワッコ 実力がないのを素直に認められないのはダサいですよね……サウナは実力とかじゃないけど

森田 サウナの実力(笑)。

ワッコ この種の「本気出してねーし」みたいな感じって、小学生くらいの頃からありませんか?

清田 あるある。それこそ『地獄のミサワ』的な世界だけど、森田が言ったようにサウナには男性性を刺激するものがあるんだと思う。だから競争的なマインドが発生したり、「限界なわけではない」「むしろ八分目でやめておく賢い俺」みたいな謎のアピールをしてしまったりする。

森田 お酒とかもそんな感じない?

ワッコ 確かに! 「ほんとはもっと飲めるけど、空きっ腹だったから」とかいうやつ。

清田 酒の実力をアピってくる人いるよね。どう見ても酔ってるのに「酔ってねーし」と主張したり。

森田 周りからすると、すごいどうでもいいことだよね。いずれにせよ、強がりはダサくなりがちな気がする。

ダサいを回避しようとするとダサくなる?

清田 ミサワ系の強がりエピをもう一つ思い出したので、紹介していいでしょうか。

森田 お願いします。

清田 これは10年くらい前に、男女数人で公園に行ったときの話なんだけどね。普段はクールな男友達が珍しくはしゃいで滑り台に登ったら、前日に降った雨のせいで濡れていたせいか、足を滑らせて階段から転げ落ちちゃったのよ。

ワッコ えー! 大ケガ案件じゃないですか。

清田 幸いなことに、階段を一段ずつお尻からボンッボンッボンッと落ちていく形になったから大事には至らずだった。

森田 リズミカルに落ちてったのね。それはなかなか……。

清田 一瞬ケガを心配したのと、その彼はクールなキャラクターのモテ男だったので、みんな笑うでもなくリアクションに困っていたのよ。

ワッコ ちょっと漫画みたいですもんね。

清田 そうそう。で、サウナのエピソードと同様、そのとき彼が放った言葉が忘れられなくて……。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
桃山商事の恋バカ日誌

森田雄飛(桃山商事) /清田隆之(桃山商事) /ワッコ(桃山商事)

2001年の結成以来、「失恋ホスト」として1000人以上の男女から恋のお悩みやエピソードを聞き続けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」がお届けする、新感覚の恋バナ談義。普段ほとんど語れることのない恋愛の様々なテーマを毎回ひとつ取り上げ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

14029mgmg https://t.co/vyA1Qcn9EY 7ヶ月前 replyretweetfavorite

granat_san あー、これは発動されると周囲の人間が地味に困るやつ。 7ヶ月前 replyretweetfavorite