再会

「まさかの」詩織のデート?シーンから始まる今回。

そして、「あの人」との再会。

今までとはまた違ったシチュエーションからはじまる本編を、ぜひ最後まで楽しんでください。

1

 須田雄基が指定した場所は、意外と落ち着くカフェだった。かれこれもう1時間。詩織は学年が一つ下の雄基とコーヒーを相棒に、将棋について語り合っていた。

詩織は制服が苦手だった。まったく同じものを毎日着るということには〝遊び心〟がないし、何より自分にはこの制服が似合わない。そう思っていた。休日はたいていアメリカ発のブランドのデニムパンツとパーカーが定番だ。そんな詩織が、今日は珍しくスカートをはいている。

雄基との出会いは2ヶ月前。図書室で将棋の本に没頭していた詩織に、突然話しかけてきたのが雄基だった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
論理ガール -人生がときめく数学的思考のモノガタリ-

深沢真太郎

ビジネス数学教育家・深沢真太郎が満を持して書き下ろした、青春数学自己啓発小説! 「私たち若者に、間違ったことを教えないでくださいーー。」 ひょんなことから母校の高校で卒業生講演会に招かれた29歳のド文系ホテルマン...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shinchan0922 「要領がいい」とはどういうこと? #論理ガール #桜井詩織 #cakes #小説 2ヶ月前 replyretweetfavorite

shinchan0922 私服姿の桜井詩織。 #論理ガール #桜井詩織 2ヶ月前 replyretweetfavorite