ホテルマンの仕事の成果」とは

トピックが仕事に移ったことで対等なものに近づきつつある、翔太と詩織との数学問答。

ついに詩織の口から「面白い」という言葉が出てきました。あなたもぜひ、自分の仕事に置き換えて考えてみてください。

自分の仕事の意義を数学的に証明できるなら、それはきっとAIに代替されないものであるはずです。

6

「……キミ、数学と結婚したら?」

「意味がわかりません。論理的でない」

「ったく、冗談が通じないな」

鼻で笑う翔太。もちろんそれは詩織をバカにした笑いではない。詩織にもそれは理解できた。

「〝ありがとう〟の数は文字通り数量です。そしてそれを増やすという概念。この二点から、どう考えてもこれは数学の問題です」

「なるほど。これも数学的モデルとかいうやつで表現できるってことか?」

「ええ。成果というものを構造化すればいい。ではさっそく質問」

また二人の数学が始まる。翔太は楽しみに詩織の言葉を待つ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
論理ガール -人生がときめく数学的思考のモノガタリ-

深沢真太郎

ビジネス数学教育家・深沢真太郎が満を持して書き下ろした、青春数学自己啓発小説! 「私たち若者に、間違ったことを教えないでくださいーー。」 ひょんなことから母校の高校で卒業生講演会に招かれた29歳のド文系ホテルマン...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shinchan0922 連載が更新されましたよ。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite