アジア人だからってやたらニーハオって言われる「雑ニーハオ」現象

数年前に牧村さんがフランスに住んでいたとき、知らない人に「ニーハオ」と言われることがよくあったそうです。はじめは違和感があったものの、あまりに何度も言われるために慣れざるを得なかった牧村さんですが、この「偶然見かけただけの知らない人を見た目で判断してなんか言う行為」に、名前をつけることにしました。その名も「雑ニーハオ」。雑ニーハオを浴びせられたとき、私たちはどう対応したらいいのかを考えていきます。


※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

「ニーハオ!」
閃光。
ナイフ。

立ち止まる。鋭く突き出されたそれが、ナイフだってことはすぐにわかった。目で見て、じゃなくて、殺気で。

「エー、グゥテ!」

グゥテ……あ、”goutez”。
フランス語で「味わって」。
なにをだ? 恐る恐る見る。
声の主は笑顔。片手にはナイフ。ナイフの先には、なんかオレンジ色っぽいカタマリ。そして、もう片方の手には…………………………

マンゴー。

マンゴー?

果物屋さん!
お前、果物屋さんだったのか!
それ、マンゴーの試食だったのか!
どんだけ殺る気満々の試食だ!!!!!!

2013年。日本からフランスに移住し、一年が経っていた。黒髪・黒い目・黄色い肌の、東洋〜!って顔をしたわたしが、街角で突然ぜんぜん知らん人に「ニーハオ」って言われることに、そろそろ慣れ始めた頃だった。

慣れた、というか、麻痺した、と言ったほうがいいのかもしれない。麻痺するレベルで何度も言われる。はじめは「わたしだけかな」と思っていたけれど、在仏日本人のお花見会で聞いてみたら、みんながうなずいた。「あるよね〜!突然のニーハオ」。

日本人だけじゃない。プロフィールに「Corienne(韓国人)」と書いているtwitterユーザーのMijiさんも、「突然ニーハオって言われる。突然コンニチワって言われる」っていうフランスでの経験を書いて、3000RT以上の共感を呼んでいた。「大丈夫、もう慣れてるから、って、友達には言います。だけど帰るとイライラするし、泣きたくなってしまうんです」

そして、フランスだけじゃない。他のヨーロッパの国々でも同じ経験をした。中東や南米、アフリカでも同じことが起こるんだろうか? これはせっかくインターネットでの記事なので、もしあなたにも似た経験があればこの記事と一緒にSNSで共有して欲しいなと思う。

この話で、わたしは、「あいつらはひどいぞ!」とかいって対立を煽りたいわけではもちろんない。「こんなにひどい目にあったんですぅ」っていう愚痴を吐き出したいだけでもない。正直、愚痴りたくもなる気持ちはちょっとあるけど。だけど。そうじゃなくて、この行為に……「偶然見かけただけの知らない人を見た目で判断してなんか言う」行為に、そろそろ名前をつけたいな。概念化したいな。そうすることで「これ」をもう歴史の1ページとして過去に置いていきたいな。おれたちみんなでおれたち人類の進歩に寄与しないか。な。な。という気持ちなのだ。

なんて呼ぼう?

同じような、路上で突然なんか言ってくる行為のうち、特に「相手は女だからちょっとからかっちゃおうかなw」感覚のやつを、英語圏の人たちは「キャットコーリング」と名付けた。見知らぬ人間に対して「子猫ちゃん♡」みたいなことを突然言う無礼。英語で「子猫ちゃん(pussy)」は、女性器をも指す言葉だ。

じゃ、突然のニーハオはなんて呼ぼう?

「ニーハオ・コーリング」?

英語に寄りすぎだな。

「雑ニーハオ」?

これかな。これなら、この行為の雑さをシンプルに指摘できる。そう。雑だ。あれは、雑なのだ。言われた人間に対しても、また、中国語という言語に対しても。

「雑ニーハオ」って呼び方なら、別の言語で行われた場合も、すぐ入れ替えができるだろう。たとえば、「雑ハロー」。日本において、見た目が(その人の基準で)外国人っぽいからと、道端とかですげえ雑に「ハロー!」って言う行為、あれにうんざりしてる人も少なくないと思う。

ある在日フランス人はこういう雑ハローを浴びるたびに日本語で対応していた。「はい、こんにちは。白人がみな英語を話すわけではないんですよ。ご承知おきください。」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yuhyuh__ |ハッピーエンドに殺されない|牧村朝子|cakes(ケイクス) https://t.co/HvYET4j2v6 9ヶ月前 replyretweetfavorite

makimuuuuuu 突然「ニーハオ」って言われた。「東洋人なら中国語しゃべるやろ」って思ってる人だった。 そんな「雑ニーハオ」の話をしています 結構みんないろんなところで雑ニーハオ浴びてるんだなあ…… https://t.co/8TqYQ9jSn0 9ヶ月前 replyretweetfavorite

shu_otomo |牧村朝子 @makimuuuuuu https://t.co/85HLt6VoYD よくある「雑ニーハオ」.でもこの前パリの空港で係員が僕に「こんにちは」.やるじゃ… https://t.co/9JhU73ZJ6q 9ヶ月前 replyretweetfavorite

aroiwine バンコクでも起きてます!「雑ニーハオ」現象。返しは「マイチャイコンチンナ。コンイープンカ」(中国人ではありませんよ。日本人です。) もう慣れたけど~w https://t.co/6Izi6mhIvv 9ヶ月前 replyretweetfavorite