失敗しない副業の方法!ファッションで稼げるの?

今回の相談は、ファッションに関する副業を始めるにあたってアドバイスが欲しいというもの。本題に入る前に、そもそも「お金を稼ぐ」とは?という根本的な問いへの答えと、サラリーマン的思考が失敗を招く理由をお伝えします。

「MBのおしゃれ人生相談」では質問を募集しております。専用フォーム(匿名可)からご応募ください。Q&Aは毎週更新されるMBさんのnote内でも人気のコーナー、そちらもあわせてぜひ購読してください。

ペンネーム ユウ
いつもメルマガ楽しみにしております。
33歳の会社員です。

《働き方》についての質問です。
今の状況としては、 本業は楽しくて人間関係も特に問題ありませんが、給料だけ手取り+5万くらい上がったらいいなと思っています。

ただ歩合などではないためそこまで急な昇給は期待できず、なにか副業でもしようかなと思いはじめました。
副業NGの会社なので顔出しする副業は難しいです。

また趣味や特技もこれといったものがなく、最近MBさんのおかげでファッションに興味を持ち始めたくらいです。
なのでせっかく副業するなら好きな「ファッション」に関する副業をしたいのですが、何から始めたらよいか迷っています。

もしMBさんが同じ状況ならどのように行動しますか? 副業以外の選択肢も含めてMBさんのお考えを聞かせていただけたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

ありがとうございます。なかなか難しい話ですが……幾つか書きますのでご参考ください。

お金を稼ぐとはどういうことか?

ちょっと根本的すぎる話なのですが、まず、「お金を稼ぐ」ということについて説明します。

サラリーマンと、自分でお金を稼ぐフリーランスもしくは起業家には、「稼ぎ方」に大きな隔たりがあります。サラリーマンに最低限求められることって、実は「結果」を出すことではありません。もちろん結果を出せば見返りもあるでしょう、その意味では求められているのでしょうが、しかしよく考えてみてください。実はサラリーマンって結果を出さなくても会社をクビにはなりません。どんなにダメな人でもどんなに結果を出さない人でも、そうそう会社はクビを宣告しません。

実は会社が従業員に最低限求めることって「時間拘束」なのですね。良し悪しは別として、日本の多くの企業は「従業員の時間を買ってる」意識が根強いです。結果を出すか出さないかではなく、毎朝出社して毎晩帰宅する、この時間拘束を最低限度の条件として認識しているのです。きちんと出社さえしていれば、サボらず決められた時間にきちんとオフィスにいさえすれば、なかなかクビにならないのが日本企業です。その意味で「学校と企業の差」があまりないのですね。ちゃんと来ればバカでも落第させない……学校的で優しいのが日本企業です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
MBのおしゃれ人生相談

MB

ファッションバイヤー・MBさんの大人気メルマガ「最も早くオシャレになる方法」の出張版、MBさんによる人生相談連載がcakesでスタートします! ファッションに関するお悩みはもちろん、恋愛や仕事や人間関係の悩み、MBさんに聞いてみたいこ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません