あのわがままは「セーフ」なのか、「アウト」なのか?

今週から数回は、社会に対して「声をあげよう!」と思ったときに陥りがちな「つまづきポイント」を取り上げます。ひとつ目のつまずきポイントは、どこまでが「いい・セーフな」わがままなのか、その線引きについて考えてしまうことです。「学校でニンテンドースイッチで遊びたいから後ろの席に行きたい」はアウトなわがまま? セーフなわがまま?(『みんなの「わがまま」入門』より)

これまでは、一見自分勝手で自己中心的だと思える「わがまま」も、多くの人を苦しみや痛みから救う可能性があること、そして「わがまま」には多様な意味があるのだ、ということをお話してきました。

ここまでの話でみなさんに伝えたかったのは、だれかの行動を「自己中」だと思ってはいけない、ということではありません。そうではなくて、隣の人がちょっと空気の読めない発言や行動をしたときに、それを「おかしい」とか「自分勝手」と思うのを、一度脇に置いてみてほしいということです。社会が個人化して他人の事情が見えづらくなっていると知ることで、いろんな人の「わがまま」の背景には、自分にはわからないけれどたしかに苦しみや痛みが存在するかもしれない、と一瞬立ち止まってもらえたらと思います。

さて、この時間ではあなたが「わがまま」を言った、あるいはクラスのだれかが「わがまま」を言っているときに、その内容を人と共有し、一緒に考えていく場所をつくるにはどうしたらいいかについて、社会運動の方法と、陥りがちな「つまずきポイント」から考えていきます。

「わがまま」を使いこなすコツを先にお伝えしておくと、「わがまま」の背景を考えること、解決策や結論にこだわらないこと、そして「1か0か」「白か黒か」と二項対立で考えずに、白でも黒でもないあいまいな部分—これを大人は「落とし所」とか言ったりしますが—を意識することです。

まず、「わがまま」を言った人に対して、「あの人の言っていることの意味がわからない」「あんなことを言うなんて、あの人、おかしいんじゃないか?」と感じたときにどうするか、を考えていきましょう。

アウトなわがまま・セーフなわがまま

実際に身近な人が「わがまま」を言っている場面をイメージしてみてください。たとえば、合唱コンクールや体育祭でクラスが一致団結して練習しているときに、同じクラスの子が練習に参加してくれなかったり、いきなり旅行に行ってしまったりする。あなたは「せっかくクラス全体で一致団結しているときに、なんでそういうことするの?一緒に練習しようよ」と思うかもしれない。あるいは、部活の練習で自分のやりたいことばかりやる人も、よくない意味で「わがままなやつ」という感じがしますね。

こんなふうに、合唱コンクールや体育祭の練習にせよ、部活での自分勝手に見える振る舞いにせよ、ある行動を認めるか認めないかで意見が分かれることはよくあります。でもそれで友だちと喧嘩したり、クラスが険悪なムードになったとしたら……と考えると、「わがまま」を言う気分ではなくなってしまいますよね。

何か「わがまま」を言おうかな、意見を言いたいな……と思っているときに陥るひとつ目のつまずきポイントは、どこまでが「いい」「セーフな」わがままなのか、線引きはどこなんだと考えてしまうことです。

この本を読んでくれたみなさんは、自分のなかに「わがまま」を言ってみたい欲求ができたとして、そのわがままが「セーフなわがまま」なのか、「アウトなわがまま」なのか、どっちなんだろうと思うのではないでしょうか。

たとえば、目が悪いから前の席に座って授業を受けたい、あるいは、前の席だといろいろな人の視線を受けて緊張してしまうから、後ろの方の席で授業を受けたい、みたいな話ならまだ「わがまま」を言うに値する、つまり「セーフなわがまま」だ、と理解できるかもしれない。じゃあ、「後ろの席でニンテンドースイッチやりたい」ってのはアウトか? そのほうが、その人が快適に過ごせるなら、これも「セーフなわがまま」ということになる。でも、学校は勉強をするところという前提を共有するなら、常識的には許容できない、つまり「アウトなわがまま」という人が多いでしょう。

この本では、「アウトなわがままとセーフなわがままは、主張した時点では判断しない」という立場を取ります。だから、後ろの席に行きたい理由が「他人の視線にさらされると緊張してしまう」でも、「ニンテンドースイッチをしたい」でも、その良し悪しは、「わがまま」を言う人が決めるものではない。

なぜこの本はこんな立場を取るのかについて、すこし説明します。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
みんなの「わがまま」入門

富永京子

「権利を主張する」は自己中? 言っても何も変わらない? デモや政治への違和感から、校則や仕事へのモヤモヤまで、意見を言い、行動することへの「抵抗感」を、社会学の研究をもとにひもといていく、中高生に向けた5つの講義。身近な「わがまま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kaaagi_tkb 人には人の背景が。わがままだ!と思ったことには実は事情があるのかも。 21日前 replyretweetfavorite

rongo_to_sonshi 富永准教授にブロックされてた。 私のツイートは「アウトなわがまま」と判定されたらしい。 ”この本では、「アウトなわがままとセーフなわがままは、主張した時点では判断しない」という立場を取ります。” https://t.co/Lxfdqt4u11 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

sasamichiaki |富永京子 @nomikaishiyouze |みんなの「わがまま」入門 すっごく大切な話 https://t.co/nTKx5NK5h0 6ヶ月前 replyretweetfavorite

Chuck_euoni これは多くの人に読んでほしいなー 6ヶ月前 replyretweetfavorite