大学側のニーズに合致した、狙い目の学問領域はこれだ!

これまで見てきたように、博士号の取得や論文の執筆、人脈の構築などをひたすら行えば、社会人が大学教授に転身できるかというと、そう甘くはない。その実態に迫ろう。

 会社勤めをしながら大学院に通って博士号を取得し、論文を何本も書き、大学教授たちとも交流を深めて人脈を築いてきた。ならば、これで晴れて社会人から大学教授になる道が開けたかというと、事はそう単純ではない。東京大学やハーバード大学といった超一流大学で博士号を取得し、論文を書いて実績を積み上げても、大学教授として採用されるとは限らないのだ。

 なぜなら、「大学の求める学問には“旬”があるからだ」と複数の大学教授たちは言う。つまり、いくら実績を積み上げても、専攻した学問が大学側の求めるニーズにマッチしなければ、教授への道は開けないのだ。

 無論、旬のテーマを見極めるのは簡単なことではない。しかし「どうやってきっかけを掴んだか #2 先駆者になれたこと」で紹介したように、テレビドラマの脚本家から米国で最新のNPOの研究を手掛け、北海学園大学の教授になった樽見弘紀氏の例もある。だが、樽見教授のように、全く新しい分野に踏み出すのもそう簡単なことではない。

 そこで本誌では、今、大学側が求めている学問領域、すなわち狙い目の分野を示した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年3/2号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-02-25

この連載について

初回を読む
社会人から大学教授になる方法

週刊ダイヤモンド

社会的な地位の高さと安定した収入──。誰もが一度は憧れる職業、それが大学教授だ。近年、国は、全国の大学に社会人経験を積んだ人材を実務家教員として迎え入れることを決めた。すなわち、誰しも大学教授になれるチャンスの到来だ。その実態を徹底解...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード