洋服のサイズはそもそも合わないものです

今回の相談はニットのサイズ選びについてです。ニットならではの注意点をお伝えする前に、合わないサイズを上手に着こなす方法をご紹介します。

「MBのおしゃれ人生相談」では質問を募集しております。専用フォーム(匿名可)からご応募ください。Q&Aは毎週更新されるMBさんのnote内でも人気のコーナー、そちらもあわせてぜひ購読してください。

ペンネーム 無し
Mユニクロでエクストラファインメリノウールセーターを購入しようと思ったのですが、最適なサイズがイマイチわかりません。

私は痩せ型でだいたいSサイズとMサイズの間くらいがちょうどいいサイズでして、買うときに両方試着するもののどちらの方が良いのか結局分からずじまいになってしまうことが多々あります。

スーツなどの最適なサイズは書籍等で拝見させていただきましたが、セーターに関しては無かったようにような気がするので質問させていただきました。よろしくお願いします。

ありがとうございます。ニットに関してのサイズ選びは以前書いた気がしますが、かなり昔のことなのでもう一度振り返りますね!

「ぴったり合うサイズ」なんてものは存在しない

まずその前にサイズの認識について。これ結構誤解している人が多いのですが、既製服のサイズは「Mでぴったりジャスト」となる人の方が珍しいです。

そもそも日本人男性の体型をSMLの3分割でピタリと分類できる……なんて魔法みたいなことあるはずないですよね? 体型は千差万別なのにサイズ展開はたったの3つ、これで全ての男性を網羅できるはずなんてありません。つまり既製服はほぼ誰でも必ず「サイズが合わない」のです。

袖が長い短い

肩幅が大きい小さい

首回りが足りない余る

大小色々ありますが、基本的にどこかしらでズレが出るものです。おしゃれに関してネガティブな人は「服を楽しめない理由」をこのサイズミスマッチに転嫁してしまいがちです。「自分は特殊体型だから」「自分は服が似合わないから」「袖が短いから」「肩幅が特別広いから」などなどを理由に掲げて「おしゃれができない言い訳」としてしまいます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
MBのおしゃれ人生相談

MB

ファッションバイヤー・MBさんの大人気メルマガ「最も早くオシャレになる方法」の出張版、MBさんによる人生相談連載がcakesでスタートします! ファッションに関するお悩みはもちろん、恋愛や仕事や人間関係の悩み、MBさんに聞いてみたいこ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

thinktink_jp "これ結構誤解している人が多いのですが、既製服のサイズは「Mでぴったりジャスト」となる人の方が珍しいです。 そもそも日本人男性..." https://t.co/MaSWYLyJNL https://t.co/MgNUP2egBI #drip_app 6ヶ月前 replyretweetfavorite

kentitti_ cakes更新されてるよん! https://t.co/oJfyQ9vjuh 6ヶ月前 replyretweetfavorite